集客ブログ記事の書き方・添削・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

事務職が向いてないと思うなら「この職に就けるなら何があっても辛抱できる」と思える仕事を見つけよう

先日、久々に前の会社の同僚女子と飲みに行ったら「秋山さんは、手に職があるのが今更ながら羨ましいです!事務職だと本当に転職先がないんです。」と言われた。

 

私の場合、最初の就職先が法律特許事務所の事務員兼秘書だったので、バリバリの事務職。

 

当時は事務職以外ではどんな仕事があるのかもよく知らなかったし、私が事務職以外の何かができるとも思ってなかった。事務職は転職先がないと嘆く女子たちと同じだった訳です。

 

ただ、事務所の人間関係が最悪で、何とか事務所から逃れたいと思い、必死になってイラスト作家を目指したのがキッカケで、パソコン(WindowsとMac)を独学で覚え、そこからDTPデザイナーになることができた。詳しい内容は以下の記事を読んでね。

関連記事→ 好きを仕事にするということ

 

幸いなことに、事務所で特許を出願する際に必要な、図面(パース)を引く仕事を任され、花子というソフトを使ってパースを描けるようになったことで、世界が広がった感じがする。

 

当時は、一度入った会社を辞めるという考えがなかったし、父親から「一度入った会社に生涯尽くすのは当たり前!辞めるなんてとんでもねー!」と言われていたのもあって、仕事は辞められないから、仕事以外の何かに救いを求めてたんだね。

 

事務職は向いてないとは思っていたけど、技術職であるDTPデザイナーになれるとは思っていなかった。

 

事務職が向いていない言う人は、資格を取る人が多いんだけど、資格があっても実務経験がなければ、ほとんどの会社は雇ってくれない。だから資格を取っただけでは、食べていけるようにはならない。

 

私の場合、デザイナーに資格は必要ないけど、ある程度のスキルと実務経験の2年は絶対に必要だった。そのため、デザイナーとして雇ってくれる会社を探すのに、かなり苦労したし、採用してくれた会社で嫌な目にあっても、絶対に2年はやめられなかった。

 

2年辛抱したおかげで、外資系の医療機器メーカーのインハウスデザイナーになれたんだから、実務経験がない私を雇ってくれた会社には今では感謝している。キッチリ2年で辞めたけどね。

 

事務職が辞められない人は、下積みをすることを嫌な人が多いんじゃないかと思う。私もデザイナーとして2年間の下積み時代は大変だったけど、そこで挫折していたら、デザイナーにはなってなかったはず。

 

人は楽なほうに流されやすくできてる。「資格を取っても、下積みなしにすぐに稼ぎたい」と思っている人ほど、絶対に稼げるようにはならない。下積みってかなり重要なんですよ。

 

だから、「この職に就けるなら何があっても辛抱できる」と思える仕事を見つけて、それに賭けてみるしかない。苦労はそのうちに報われますから。

 

事務職の人からちょくちょく「手に職があって羨ましい」と言われるけど、そういう人ほど大変なことはしたくない人が多いので、書いてみました。

アメブロだからアクセス数が伸びない訳じゃない

アメブロでブログ記事を書いているお客様からの相談は多いですが、アメブロでブログ記事を書いてもアクセス数が伸びない人ばかりです。

 

そのため「アメブロはやめて他のブログサービスに乗り換えたほうがいいのでしょうか?」と、相談されますが、アメブロだからブログのアクセス数が伸びない訳ではありません。

 

記事タイトルや記事内容を何も考えずに書いているから、アクセス数が伸びないのです。

 

そもそも、ブログのアクセス数はそこまで伸びなくなっています。最近、YouTubeの再生回数も伸びなくなり、ユーチューバーを廃業する人も増えています。

 

ブログもYouTubeと同じで、そこまでアクセス数が伸びなくなっています。

 

ですが、心配いりません。ブログ集客でアクセス数はそこまで重要ではないからです。

 

アクセス数はないよりはあったほうがいいですが、アクセス数が多くてもお客様が確実に増える訳ではありません。

 

私のブログでも、書いた記事がバズリ、一時的にアクセス数が激増することがありますが、それでお客様が増えるかというと増えません。

 

むしろ、アクセス数は関係なく、私の記事に共感してくれた人が1人でもいれば、その人がお客様になってくれています。

 

そのため、アメブロでもアメブロ以外のブログでも、あなたのお客様が必要としている記事をコツコツと書くことが大事なのです。

 

アクセス数は1年以上ブログを書き続けていれば、徐々に伸びてきますが、そこまでアクセス数を気にする必要もありません。

 

アクセス数が少なくても、人が本当に必要としている記事を書いていれば、誰かがあなたのお客様になってくれます。

 

アメブロは色々とウザいことが多いので、私は好きではありませんが、ブログに慣れていない人にとっては、とても取っ付きやすいブログです。アメブロが嫌いじゃなければ、そのままアメブロを続けてください。

 

どのブログサービスで書くかよりも、タイトルの付け方や記事の書き方など「何を書くか」のほうが大事なので、その辺りは私にいつでも相談してください。

「この銘柄買ったほうがいいですよ」と他人から言われた時点で投資詐欺を疑え

ニュースでMeta社の広告による投資詐欺の被害額を見ていると、信じられないぐらいの金額が投資詐欺の被害にあっています。

 

今まで投資を一切やったことがない人が、いきなり1,000万円以上の額を投資したり、家まで担保にして投資している人が多いことに呆れます。

 

私も20代から株や投資信託をしていますが、今まで他人から「この銘柄買ったほうがいいよ。絶対に儲かるから。」と言われて、投資したことは1度もありません。全部自分で調べて投資先を決めています。

 

本当に投資している人は、自分が投資している銘柄を他人に勧めることは、まずありません。というか、何に投資しているかを言わない人がほとんどです。

 

たまに優良株があれば「あの株買って良かったわ」と、投資している友人同士で話すことはありましたが、その話を聞いて投資するかしないかは本人次第です。「私が買って良かったんだから、あなたも買いなよ!」と、他人に勧める人は私の周りでは一人もいません。

 

そのため、絶対に儲かるオススメの銘柄を教えてくれる人や会社があれば、それは確実に投資詐欺だと疑いましょう。

 

投資とは、自己責任で行うものなのです。

 

もし何かの銘柄を勧めた場合、その株が暴落すれば、必ず「あなたが勧めたから買ったのに!」と、勧めた人を責める人が出てきます。株や投資信託をしている人は、それを理解しているため、自分が責任を取れないのに、他人にオススメの銘柄を教えることはありません。

 

それに株や投資信託や保険は、余剰資金でやるものです。退職金を全額投資したり、家を担保にして銀行からお金を借りてまでやるものではないですし、本当の金融屋や保険屋なら余剰資金でないお金でやろうとした場合、必ず止めてくれます。

 

詐欺にあっている年齢がほぼ50歳以上らしい上に、facebookの広告で騙されている人が大多数なので、やはりfacebookはジジババしかやってないんだなと再認識しました。

 

起業塾でも同じで、皆さん絶対に儲かると信じて起業塾に退職金や貯金を注ぎ込みますが、絶対に儲かる話なんてありません。

 

投資はあくまで自己責任です。まずは、証券会社に自分で行って、口座を開設し、数千円〜数万円ぐらいの範囲で始めてください。例え、数千円〜数万円を損しても、生活に支障が出ない範囲でやってください。

 

ということで、私の個別相談も数万円です。数十万円を請求することはありません。長い目で見ると、損失よりも儲けのほうが多くなることもあるので、ぜひ相談してください。ですが、あくまでも自己責任でお願いします。

【リピーター様向け】120分の個別相談のみと40日間継続プランの詳細と料金について

リピーター様向け相談プラン

リピーターのお客様向けに、

  • 120分の個別相談(メール相談なし)
  • 40日間継続プラン(120分の個別相談×2回、40日間のメール相談)

をご提供しています。

もちろん、初めてのお客様もご利用いただけます。

 

60分と120分の個別相談には7日間と14日間のメール相談が付いていますが、リピーター様の中にはメール相談は不要というお客様もいるため、120分の個別相談のみ(メール相談なしプラン)をはじめました。オンラインと対面が選べます。

 

そして、個別相談を受けたものの、継続してガッツリと取り組みたい人向けに、40日間継続プランもご提供しています。40日の間は、何度でもメールで相談や質問ができます。

 

40日継続プランに関しては、120分×2回の個別相談が付いていますが、

  • 1回目がオンライン / 2回目が対面
  • 1回目が対面 / 2回目がオンライン
  • 2回ともオンラインまたは2回とも対面

と組み合わせは自由です。

 

相談できる内容や対象者は、個別相談と同じです。詳細は「【個別相談の詳細と料金】について」を、ご一読ください。

 

【個別相談:メール相談なしプラン】

33,000円 / 120分(メール相談はなし)

  • 対面とオンラインが選べます。
  • オンラインはZOOMを使用します。
  • 個別相談後メールでの相談はできません。
  • 対面の場合は、入金確認後に場所を予約します。
  • 相談後にすぐ行動に移せる「やることリスト」をメールで送ります。
  • 必要がある場合のみ、事前に記事や投稿画像、プロフィールの添削または再構成も行います。
  • 平日、土日祝日問わず予約できます。

リピーターにオススメの理由:
メール相談付きの個別相談をすでに受けているため、メール相談はなしで、直接話して相談や質問したい場合のご利用に便利です。その場で悩みを解決したい人にもオススメです。

 

【個別相談:40日間継続プラン】

110,000円 / 120分×2回(30日+10日間のメール相談付き)

  • 30日の間に個別相談120分が2回とメール相談30日+10日間(合計40日間)が付きます。
  • メール相談期間中は何度でもメールで相談や質問ができます。
  • 対面とオンラインが選べます。1回目は対面で2回目はオンラインでも可(逆も可)。
  • オンラインはZOOMを使用します。
  • 対面の場合は、入金確認後に場所を予約します。
  • 相談後にすぐ行動に移せる「やることリスト」をメールで送ります。
  • 必要がある場合のみ、事前に記事や投稿画像、プロフィールの添削または再構成も行います。
  • 平日、土日祝日問わず予約できます。

じっくりと相談したい人にオススメの理由:
30日プラス追加の10日間で40日間はずっとメールで相談ができる上に、30日の間に120分の個別相談を2回受けることができるため、途中で不明点が出てきても、直接質問や相談をすることができます。長期的にサポートして欲しい人にはオススメです。

 

個別相談ご提供までの流れ

お申し込み(メールフォームにて)

日時(と開催場所)の調整(メールにて)

日時(と開催場所)の確定(メールにて)

入金口座のご案内または決済URLの送信(メールにて)

入金の確認連絡(メールにて)

ミーティングID連絡または開催場所のご案内(メールにて)

個別相談の実施(対面 or オンラインにて実施)

 

お申し込みいただいた方には、24時間以内に日程調整のメールをお送りします。

私が送ったメールが迷惑メールフォルダに入ることもあるため、24時間経っても返信がない場合は、迷惑メールフォルダをお確かめください。

 

対面個別相談の開催場所、レンタル料金、交通費について

大阪市内の場合:

対面相談の開催場所は大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)となります。

対面の個別相談は、感染対策も兼ねレンタル会議室またはレンタルスペースで開催します。利用したい場所があればご指定ください。ご指定がない場合は、こちらで指定します。予約は私が行います。カフェでも開催可能です。

テレワークに最適な貸し会議室・レンタルスペース -関西- 

インスタベース|貸し会議室検索

  • レンタル会議室の料金3,000円/2時間を超えない場合、お客様負担はありません。超えた料金のみお客様がご負担ください。

大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)以外の場合:

大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)以外でも、交通費を全額お支払いいただける場合は、私がお伺いします。大阪市内以外や大阪府以外でも出張料金(交通費の全額)をお支払いいただければ、出張で個別相談を行います

開催場所は、大阪市内の場合と同じくレンタル会議室またはカフェでの開催となります。ご指定の場所があれば、ご連絡ください。予約は私が行います。

テレワークに最適な貸し会議室・レンタルスペース | お気軽会議室公式サイト

インスタベース|貸し会議室検索

  • レンタル会議室の料金3,000円/2時間を超えない場合、お客様負担はありません。超えた料金のみお客様がご負担ください。

対面の個別相談は感染対策として、私はマスクを着用しお話しさせていただきます。

 

お支払い方法

  • お支払いは、銀行振込・クレジットカードがお選び頂けます。
  • 銀行の振込手数料はお客様負担となります。
  • クレジットカード払いの詳しい内容は、よくある質問をお読みください。
  • 個別相談前までに事前にお支払いください
  • お客様都合のキャンセルは、一切不可とさせて頂きます。 

 

お客様からのよくある質問は以下をご覧ください。

関連記事→ お客様からのよくある質問

 

お申し込み方法

120分の個別相談(メール相談なしプラン)または40日間継続プランをご希望される方は、今すぐ以下のお申し込みフォームからお申し込みください。
「24時間以内に」ご返信させて頂きます。

ws.formzu.net

9年に一度は何かにどハマりしている話【エッセイ】

前から公言しているけど、私はEXTREMEというバンドのヌーノ・ベッテンコートの大ファン。

関連記事→ 生きていればたまに良いこともあると思わせてくれる話【エッセイ】

 

ただ、私自身がかなりの飽き性で、例えヌーノといえども、ずっと同じ熱量で応援できないタイプ。本人が目の前にいる場合は、テンションが爆上がりするけど、数年に1度しか来日しないので、ずっと同じモチベーションは続かない。

 

そんな飽き性の私が、最近どハマりしているモノがある。それが声優の諏訪部順一さん。

haikyo.co.jp

 

違うブログで、どれだけハマっているのかを書いたことがあるけど、ハマりすぎてツラくなるぐらい現在進行形でハマっている。

 

最初はhuluやDisneyプラスでドラマや映画を見過ぎたおかげで、視聴するものがなくなり、アニメを視聴し出したのがキッカケ。

 

最初、黒執事を観た後に、文豪ストレイドッグスを観て「アンダーテイカーと織田作之助がタイプだな」と思っていた。

 

その後で、色んなアニメを見出して、呪術廻戦にハマってしまった。

 

呪術廻戦のキャラの中でも「七海建人がめちゃくちゃカッコいい!」と思い、声優さんの津田健次郎さんの顔を見て「男前だなーー」となり、ツダケンが良いなと思っていたけど、実のところ、顔が整っている男性は鑑賞するには良いけど、私のタイプの男性ではない。

 

で、「両面宿儺の声がいいなーー。誰が声優さんやってんだろ。」と、調べているうちに、諏訪部順一さんに辿り着き、結果としてどハマりしてしまった。アンダーテイカーと織田作之助の声優をやっているのも諏訪部さんだと後から知った。

 

元々、るろうに剣心の比古清十郎様が好き過ぎて、DVDボックスまで買ってしまったこともあるので、アニメが好きなのかも。ただ、声優さんにハマるとは思ってなかったなー。

 

昔の声優さんなら、山田康雄さん(ルパン3世)や野沢那智さん(スペースコブラ)の声が好きなので、諏訪部さんもお二人とちょっと声のトーンが似ている。声だけでなく、ご本人が好きなんだけど。

 

声優さんの活躍の幅が広過ぎて、色々と追っかけるのが大変な日々を過ごしている。ただ、声優さんにハマるとこんなに楽しいんだという新しい発見もあった。

 

考えてみたら、9年に一度は何かにどハマりしていて、諏訪部さんの前がヌーノ・ベッテンコートで、ヌーノの前がレミオロメン。レミオロメンなんてずっと活動休止中だもんね。レミオの前は忘れた。

 

今しばらくは、諏訪部さんにハマっていそうなので、仕事に支障をきたさないようにしている。やはり、男性は整っている顔よりも自分の好みの顔がいい。見ていて飽きないから。

 

まだ何かにハマれるうちは、素直にハマっとこうと思います。

起業塾にお金を払っても自己投資にはならない

起業塾は「自己投資が必要です!」と言い、自己投資の名目で起業塾にお金を払うように仕向けますが、起業塾にお金を払っても自己投資にはなりません。なぜなら、何の知識も技術も身に付かないからです。

 

自己投資とは、お金と時間をかけて自分の能力を高めることを意味します。

 

私の場合は、デザイナーとして必要な技術と知識を自己投資して付けました。ですが、自己投資にお金をほとんどかけていません。かけたのは時間です。

 

時間はかなりかけました。私は独学でデザイナーになったため、勉強の時間と経験を積む時間は相当かけています。

 

ですが、「技術をつけるためにお金を掛けなくてもイケるな」と思ったため、お金はほぼかけていません。数千円のセミナーに参加したり、書籍を購入したりはしました。デザイン学校に行くのは馬鹿らしいと思ったので、お金を出しては行っていません。

 

デザイナーとして雇ってくれる会社を探して、そこで実践力を身に付けました。お金はほとんどかけていませんが、十分すぎるほど元は取れています。お金にすると何百倍あるいは何千倍の元は取れているでしょう。

 

自分に技術や知識を付けて、自分自身に何らかのリターンを得るのが自己投資です。

 

「起業塾にお金を投資すること」は「絶対に儲かる儲け話に投資すること」と似ています。

 

「絶対に儲かるから!」という口車に乗せられて、全財産を投資します。自分は何もせず、ただ待っているだけです。投資したお金が倍以上になって返ってくると信じていますが、一銭も戻ってきません。なぜなら儲け話ではなく詐欺だからです。

 

起業塾もそれと同じで技術や知識が付くことはありません。起業塾に多額のお金を払うのは「起業塾に入っただけで絶対に払った額以上の金額を手にすることができる」と思い込まされるため、お金を払うのです。それは自己投資ではなく詐欺です。

 

自己投資と信じ込まされてお金を払う人が多いですが、自己投資にはなっていないので、お金を安易に払うのはやめましょう。

 

起業塾にお金を払うより私に相談すれば、文章のわかりやすい書き方が学べます。文章がわかりやすく書けるようになると、ブログやSNS、メールなど活用できる場がたくさんあります。わかりやすい文章を読んでお客様が来てくれることもあります。そのほうがよっぽど自己投資になります。

 

ということで自己投資したい人はいつでも相談してください。すぐに元が取れますよ。

ブログが誰かに読まれていると意識した瞬間から読まれるブログ記事が書けなくなる理由

「読まれるブログ記事が書けません」と、多くのお客様から相談されますが、そもそも誰かに読まれていると意識した瞬間から、読まれるブログ記事が書けなくなる人がたくさんいます。

 

まだ公開していないブログ記事やお試しで書いた記事は、何を書いても他人からとやかく言われることがないため気楽に書けます。ですが、いざ「読まれる記事を書こう」とあなた以外の誰かを意識しはじめると、人は良いことを書こうとします。

 

特に、他人から良い人と思われたい人や少しでも他の人より優れていると思われたい人は、自分以外の人の視線を気にします。自分をよく見せる記事を書くことで頭がいっぱいになり、結果として記事が書けなくなります。

 

私もアメブロでブログ記事を書いていた時に、他人の目が気になりすぎて、記事が書けなくなったことがあります。

関連記事→ 人目が気になってブログがうまく書けません

 

そのため、誰のことも意識せずに書ける「はてなブログ」で記事を書いた結果として、人目がほぼ気にならなくなり、記事が好きに書けるようになりました。

 

個別相談を受けてくれたお客様から「秋山さんのブログをいつも読んでます!」と、言われるとなんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになる時があります。お客様の役に立つ記事は書くようにしていますが、その他に、どうでも良いような内容の記事もたくさん書いているため「あんな記事まで読んでくれているのか」と、感謝と共に申し訳ない気持ちも出てきます。

 

ですが、誰かに読まれていると意識せずに書いた記事のほうが、結果として読まれやすい記事になるのです。あなたの本音や事実を書いた記事のほうが、良いことを書こうと苦労して書いた記事よりも断然読まれます。

関連記事→ ブログには本音と事実だけを書けばいい

 

特にブログを書き始めの時は「たくさんの人に読まれるかも」と、多くの人を意識しがちですが、3ヶ月もすれば「私のブログって誰にも読まれていないんだな」と、ブログのアクセス数からわかってきます。

 

読まれていないなら、ブログ記事を好きに書けばいいだけです。あなたの本音や事実を書くだけで、どこかの誰かが読んでくれる可能性が上がるので、とりあえず好きに書いてください。読まれるブログの書き方を知りたい人はいつでも相談してください。

アメブロ集客が古い訳じゃなくアメブロにいるコンサルの教えている集客方法が古いだけ

「アメブロでの集客はもう古い!」と、言われていますが、アメブロでの集客が古いのではなく、アメブロにいるコンサルタントの教えている集客方法が古いだけです。

関連記事→ アメブロのコンサルに集客方法をコンサルティングしてもらっても効果が出ない理由

 

10年以上前にアメブロで集客できていた理由は、

  • 他のブログサービスより断然アメブロユーザーが多かった
  • SNSがそこまで普及していなかった

からです。

 

ですが、今はアメブロだけでなくnoteも有名になりましたし、ワードプレスも一般的になりました。その上、ブログだけではなくX(旧Twitter)やインスタなどのSNSアカウントを持っていない人はほぼいません。

 

そんな中、いまだに「アメブロ内だけでの集客方法」を教えているコンサルタントがアメブロにはザクザクいます。一般常識とかなりズレているなと思います。

 

10年前はアメブロ内だけで集客できていても、今はアメブロ内だけで集客したい人が増えすぎて、まったく集客できていません。

 

アメブロ内だけの集客を狙う方法が古いのであって、アメブロを使って集客することが古い訳ではありません。

 

アメブロも立派なブログです。そのため、他のブログと同じようにアメブロでも、集客のための記事の書き方で記事を書きましょう。

関連記事→ アメブロでの記事の書き方を教えてください

 

あなたもアメブロで集客したいなら、ぜひ一度相談してください。アメブロでも集客できる記事の書き方を教えますよ。

ツールの使い方を勉強するより文章の書き方を勉強するほうが断然お金儲けに繋がる

文章の書き方で悩んでいる人はとても多いです。ブログ記事もそうですが、資料やメールの書き方でも多くの人が悩んでいます。

 

その割に、お金を払ってまで文章の書き方を勉強しようという人はほとんどいません。

 

文章の書き方で悩んでいるはずなのに、ブログやSNSの使い方やパワーポイントの使い方、メールの効率的な使い方など、人はツールの使い方に大金を支払います。

 

結局、文章の書き方は上達しないままです。

 

私は20年間以上たくさんの人の文章を手直ししてきましたが、ツールの使い方が上手い人よりも、文章がわかりやすく書ける人のほうが断然仕事での評価が高かったです。

 

実際、私のお客様でも私に相談した後、文章の書き方を変えただけで集客ができるようになったり、ブログへのアクセス数が増えた人もいます。資料作りが致命的に下手な人でも、資料作りのコツを教えただけで劇的にわかりやすい資料が作れるようになった人もいます。

 

私自身もメールの書き方がわかりやすいと感動され、それだけで企業から仕事を依頼されたことがあります。

 

企業の担当者とメールでやり取りする際も「秋山さんのメールはいつもとてもわかりやすくて助かります。メールを読んだだけで仕事ができるというのがわかります。」と言われます。

 

わかりやすい文章が書けるということは、それだけであなたの強力な強みになるのです。

 

文章を書くことは難しいと考えがちですが、そんなことはありません。文章は余計なことを書かず、できるだけシンプルにすればするほど、わかりやすくなり、相手に伝わりやすくなります。

 

私が手取り足取り文章の書き方を教えなくても、コツを少し教えるだけで、ほとんどの人はすぐに文章の書き方が変わります。それほど簡単なのです。

 

ハッキリ言うと、ツールの使い方を勉強するためにお金を使わなくてもまったく問題ありません。最低限の使い方さえできていればそれで良いのです。

 

それよりも、文章の書き方にお金をかけたほうが断然お金になります。ということを他の誰よりも理解している私が文章の書き方を教えるので、いつでも相談してください。

個人事業主に必要なのは運と縁と忍耐と勉強

社員を個人事業主化する企業まで出てきた昨今ですが、芸能人が事務所から独立し続けているように、今後、企業は正社員を雇うよりも業務委託契約を結んだ個人事業主に仕事をさせることが増えそうな気配がします。

jinjibu.jp

 

私も個人事業主になって、もうすぐ丸4年になりますが「個人事業主にとって必要な4つ」がわかってきました。

  1. 忍耐
  2. 勉強

この4つです。

 

どれが一番重要という訳でもなく、どれかが欠けても個人事業主として成り立ちません。

 

個人事業主は企業の社員とは違い、そもそも特定の分野でのスキルがなければ仕事が入ってきません。現状のスキルを少しでもアップデートし続けなければ、すぐに他の人に仕事を取られます。そのため、常に勉強し続ける必要があります。

 

勉強したところで、仕事をくれる人がいなければ、個人事業主として成り立ちません。周りの人とどれだけ繋がりを持てるか、要するに縁がなければ仕事が入ってきません。縁を大事にしていると「そういえば、あの人に仕事を頼んでみようかな」「あの人に申し込んでみようかな」と思って貰えます。

 

縁があり、仕事を紹介してもらったり、仕事を依頼されるのは、あなたの運でもあります。その運をあなた自身で掴めるかどうかです。仕事の好き嫌いはあるでしょうが、多少難しい仕事でも「今がチャンス!」とあなた自身が思わなければ、運を掴むことはできません。

 

運と縁は、いつあなたの元に転がり込んでくるかは分かりません。運が掴めるまで辛抱強く耐える忍耐力がなければ、個人事業主としてやっていけません。忍耐力がないなら、会社員に戻る他ありません。

 

個人事業主にはコミュニケーション力が必要と言われていますが、私が知る限り、コミュニケーション力のない人のほうが、個人事業主になっている人が多いです。ただ、コミュニケーション力があったほうが、継続的に仕事をもらえる確率は高くなります。

 

どこに運と縁が転がっているのかは分かりません。運と縁を掴んだ時に、あなたの実力が発揮できるよう、忍耐強く待っている時間に勉強し続けることが重要なのです。

 

まずは縁を作り、コツコツと勉強しておけば、備えあれば憂いなしです。会社から急に「社員辞めて、個人事業主になってね」と言われた時に、焦らない準備だけはしておきましょう。

ブログを6ヶ月書いていますがほとんどアクセスがありません

「ブログを6ヶ月書いていますが、ほとんどアクセスがありません。」と、ワードプレスでブログ記事を書いているお客様から相談されることがあります。

 

SEO対策をしているなら、6ヶ月目までは、ほとんどアクセスがなくても心配することはありません。6ヶ月を過ぎて10ヶ月目までに、突然アクセスが増えることもあります。

関連記事→ ブログのSEO対策の効果が出るまでの期間はどれぐらいですか?

 

相談してくれたお客様でも、「6ヶ月を過ぎたら急にアクセスが増えました!」とか「SEO対策を見直したらアクセスが増えました!」となることがありました。

 

特にワードプレスは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセスしかない場合が多く、SEO対策をしていても、最初の3ヶ月〜6ヶ月は、ほとんどアクセスがありません。そのため「私のブログは今後も誰にも読まれずに終わるのかも」と不安になる気持ちはわかります。

 

最初の3ヶ月〜6ヶ月はGoogleで検索されても表示されない、表示されていても順位が低いため、ブログへのアクセスがないのが普通です。

 

そのため、6ヶ月間はブログへのアクセスがほとんどなくても、焦る必要はありません。6ヶ月が過ぎるまで、SEO対策を見直したり、記事をリライトしたりしながら気長に待ってみてください。

 

ブログにSEO対策をして1年以上更新を続けていると、アクセス数は突然増え始め、表示回数や検索順位も上がります。

 

1年近く経っても、ブログにアクセスがほとんどない場合は、

  • SEO対策が間違っている
  • 記事タイトルと記事内容の書き方に問題がある

ことも考えられます。

 

その際は、SEO対策のやり直しと記事のリライトで、順位も上がってきます。1年近く経ってもGoogleやYahoo!からのアクセスがない場合は、いつでも相談してください。あなたのブログへのアクセスを増やしましょう。

わかりやすい文章を書くための3つのコツ

「わかりやすい文章を書くために、できることって何でしょうか?」と、女性のお客様に相談されました。

 

私は印刷物のデザイナーという仕事柄、わかりやすい文章を書くことが必須でした。

 

わかりやすい文章を書くために、意識せずに私が普段からやっていることを書き出してみます。

  1. 知らない言葉を見つけたら、ネットの国語辞典ですぐに調べる
  2. 自分が書いた文章を読んでしっくりこないなら、類語辞典で他の言い回しがないか調べる
  3. 自分が書いた文章は、次の日や数日後に読み返して書き直す

 

この3つは文字校正や印刷物を作る、またはブログや文章を書く時に必ずやっています。文章を書くことにたずさわる仕事をしている人は、皆さんやっていると思います。

 

辞典を使って言葉を調べることは、基本的なことなのでやっているレベルに入らないと思っていましたが、お客様から話を聞くと、ほぼ全員がやっていませんでした。それほど辞書を使って言葉を調べない人が多いということです。知らない言葉は知らないまま放置している人が大多数なのです。

 

類語辞典の話をすると「こんなのがあるとは知らなかったです!」と言われます。類語辞典は、同じような意味を持つ言葉を探すのに便利です。私はかなりの頻度で類語辞典を使い、読者が読んでもっとわかりやすい言葉がないかを調べています。

 

国語辞典(大辞林)と類語辞典はネットですぐに出てきます。

kotobank.jp

renso-ruigo.com

 

言葉を調べるだけでもかなり勉強になります。

 

そして調べた後は、すぐにどこかで使うようにしてみてください。インプットしたものはすぐにアウトプットしないと身に付きません。

 

「私は語彙力がありません」と言う人が多いのですが、実は私も語彙力がありません。どちらかというと難しい言葉を知らないので、誰でもわかるように書くことだけを意識しています。

 

普段あなたが使っている言葉だけで十分にわかりやすく伝わる文章を書くことができます。

 

文章を書くことは難しいと思われがちですが、あなたは作家でもWebライターでもありません。上手く書こうと思わずに、わかりやすく書くことに意識を向けてください。

 

わかりやすい文章の書き方を知らない人は多いですが、簡単に誰にでもできます。私にもできるので、あなたなら絶対にできます。安心してください。

 

わかりやすい文章が書けるようになりたい人は、いつでも私に相談してください。わかりやすい文章は、ブログ記事、メール、履歴書、文章なら何にでも役に立ちますよ。

退職金を起業塾や起業コンサルタントに注ぎ込んでも元は取れない

3月や4月は会社を退職する人が多い時期ですが、会社を辞めて退職金をもらい、その退職金を起業塾や起業コンサルタントに全額注ぎ込んでしまう人がいます。

 

私のお客様でも、サラリーマンから個人事業主となり、退職金を300万円〜500万円ほどもらい、それを全額起業塾にぶっ込んだお客様が何人もいました。

 

1件の起業塾に全額使った訳ではなく、ほとんどの人が何件か起業塾を渡り歩き、その都度大金を払っています。結局、手元にあった退職金がすべてなくなってしまい、単回で相談に乗っている私のところに来るお客様も結構います。

 

退職金を使い込んで落ち込んでいるお客様から話を聞く度に、「人って本当に儲かる話が大好きだな」と思います。もちろん私も儲かる話は大好きです。

関連記事→ 人は簡単で楽してすぐに稼げるお金儲けの話が大好き

 

ただ、退職金を使うなら、もっと有効的な使い道があるはずです。それなら退職金の一部を新NISAに回すとか、保険に回すとかしたほうが、元が取れる可能性が高いです。

 

一度でも起業塾に大金を払い、その時は稼げなくても、他の同期の人が稼げている話を聞いてしまうと「今回はダメだったけど、次は上手くいくかもしれない」と思うのが人の心理です。ギャンブル依存症と同じです。

関連記事→ コンサルタントや起業塾に高いお金を払っているから後には引けない

 

次々と起業塾を変え、元が取れるまで起業塾や起業コンサルタントを渡り歩き、退職金の元が取れる、または倍以上になるまで退職金を使い続けますが、そんなに簡単に元は取れないのが現実です。

 

1度目の起業で成功する人は、ごくわずかです。それも数ヶ月で成功する人なんて、奇跡に近い確率です。

 

数年単位、数十年単位で考えないと、起業なんて成功しないのが当たり前なので、その間の生活の足しにするためにも、退職金は無駄に使わないようにしましょう。

 

退職金を貰った時は、気が大きくなりますが、会社を辞めて個人事業主になると、税金は自分で払うことになります。

 

会社員しかやったことがない人は、自分で収める税金のことまで考えていません。会社員から個人事業主になった後の税金は信じられないぐらい高いので、退職金は税金でほぼ消えます。それを見越して、退職金は起業塾や起業コンサルタントに払わないのが無難です。

 

せっかくの退職金なので、有効に使ってください。私の個別相談では数万円しかかからない上に、元が取りやすい金額なので、会社員から個人事業主になりたい人は、いつでも相談してください。

キャンセルポリシーに「返金致しかねます」と書くよりも「返金できません」と書いたほうが余計な混乱を招かなくなる

とても丁寧な文章を書く人ほど、表現が回りくどくなるため、結局何が言いたいのかが、文章を読んでもわかりません。

関連記事→ 回りくどい表現の文章では何が言いたいのかが伝わらない

 

ブログを読んで申し込んでくれる人の中には、語彙力が高い人もいれば、語彙力が低い人もいます。語彙力が高い人に合わせた文章を書いてしまうと、語彙力が低い人が読んだ場合、違う意味に取り違えることがあります。

 

例えば、「入金後の返金はできない」とキャンセルポリシーに書きたい場合、「返金は致しかねます」と丁寧に書いてしまうと、「致しかねるって、返金できるの?返金できないの?結局はどっちなの?」と、混乱する人が出てきます。

 

「致しかねる」の意味は「私はできません」となる訳ですが、「致す(私が〜します)」と「かねる(しようとしてもできない)」の意味を知らない人もいます。

 

絶対に守ってほしい、絶対に知ってほしいことほど、誰もが読んで理解できる言葉を使う必要があります。

 

そのため、「返金は一切できません」と、ストレートに書いたほうが、誰もが理解できるため、余計な混乱を招かなくなります。

 

女性のお客様のブログを読んでいると、ものすごく丁寧に文章を書いている人が多いのですが、丁寧に書けば書くほど、表現が回りくどくなり、読んでも内容が理解できません。

 

ブログを読む人に気を配る気持ちはわかりますが、気を配るところが間違っています。「誰もが読んでわかる文章を書くこと」に気を配らなければ、結局は誰にも読まれない上に、誰にも理解されないブログになります。

 

語彙力が高い人は、文筆業の人ぐらいです。ほとんどの人は、語彙力が高くないため、小学生でもわかるような言葉を使って文章を書くことを心がけてください。誰でもわかるようなブログ記事が書いたい人は、いつでも相談してください。あなたでも簡単にわかりやすい記事が書けるようになりますよ。

人の名前が出てこない症状が年々悪化している話【エッセイ】

数年前から「人の名前が出てこないな」と思っていたけど、ここ最近症状が悪化している。

 

元々、人の名前を覚えるのが苦手で、友達の名前を突如として忘れてしまったり、会社の人名前を忘れてしまったりして、本人を目の前にして「この人の名前はなんだったっけ?」と、焦った経験が何度もある。

 

喋っている相手の名前が出てこないので、会話の中に名前は出さず、いつもなんとか乗り切っている。

 

興味のないことは、徹底して興味が持てない私なので、人の名前自体に興味が持てないから、覚えられないんだろうと思う。

 

ただそれでも、ここ最近の名前の忘れ方が酷すぎる。

 

数週間前に、前の会社の後輩男子と電話をしていて、仲良くしていた他の後輩男子の名前を忘れてしまい「あれ、あの人。名前が出てこないわ。」となり、これまた焦ってしまった。

 

それも数ヶ月前に一緒にご飯を食べに行ったくらい仲良くしてもらっているのに、名前が全然出てこないなんて、どういうことなんだろう。

 

昔は余計なことまで覚えていたのに、今は絶対に必要なこと以外はすべて忘れてしまう仕組みに脳が出来上がってしまっている。

 

これって確実に老化現象だろうな。

 

同じ50代の男友達が「50歳を超えてから、信じられないぐらい急激に血圧が上がり、今は血圧を下げる薬を飲んでるんだよね。」と言っていたけど、私も50歳を超えてから悪玉コレステロール値が上がり、50歳超えたらマジで40代とは全然違う体になるんだなと実感している。

 

老けってマジで急激に襲いかかってくるからコワい。

 

「秋山さんって若く見えますね」と、たまに言ってくれる人がいるけど、若く見えたところで実際は老けているので、言われても嬉しくない。マジババアになりましたわよ。必死に若作りしている男女もいるけど、若作りしたところで実年齢は絶対に若くならないからね。

 

でも、個別相談に来てくれたお客様の名前は案外覚えてるんだよね。1時間とか2時間しか話してないのに、覚えてるってことは、かなり印象に残ってるんだと思う。不思議。

 

ここ最近は仕事上で勉強して覚えなければならないことが増えているため、ますます不必要な情報が私の脳内から削除され、私と私生活で関わると「この人ボケてるんじゃないだろうか」と思われそうなほど、色んなことが出てこない。

 

以前の記事にも書いたけど、加齢のお悩みについて話たい人がいれば、いつでも秋山と喋ってヤロー会に参加してください。加齢について一緒に語り合いましょう。

関連記事→ 50代を目前にして血圧計デビューした話【エッセイ】

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします