集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ホームページはかっこいいデザインのほうがお問い合わせをもらえますか?

20年以上プロのデザイナーとして活動している私の視点で言わせてもらうと、ホームページをカッコ良くデザインしてもアクセス数は増えません。もちろん、お問い合わせも増えません。

 

Webデザイナーに高いお金を払ってかっこいいホームページを作ってもらっても、おしゃれなデザインになるだけで、誰にも見てもらえません。ただの自己満足で終わります。

 

ホームページはデザインのカッコ良さよりも、SEO対策をした上で、お客様の欲しい情報をすべて載せることが重要です。

 

ホームページと同じで、ブログもデザイナーに頼んでカスタマイズをしてる人もいますが、実は集客という意味においては、ほぼ意味がありません。

 

誰もホームページやブログの見た目が良いからと言って、内容を読まないからです。

 

ホームページやブログのデザインがダサくても、わかりやすくて読みやすい文章で、人が知りたい内容を書いていると読んでもらえます。

 

それに今は、ホームページやブログをスマホで見たり読んだりする人が7割以上です。

 

そのため、デザインに凝ったところで、スマホの表示になると、デザインが文字を読むのに邪魔になることがあるのです。

 

スマホの小さな画面の中でデザインに凝ると内容まで読んでもらえません。デザインよりも、わかりやすくて読みやすい文章を載せるほうが読んでもらえます。

   

現に、Webデザインもできる私ですが、占い師の時に使っていたアメブロのデザインはかなりダサかったです。そのダサいデザインのブログから占いの鑑定依頼が、ジャンジャンと入っていました。

 

なぜダサいデザインのブログからお申し込みが入ったのかというと、ブログの見た目ではなく、お客様の悩みについてブログ記事を書き、かつSEO対策をしていたからです。

 

どんなにデザインセンスがないホームページやブログでも、お客様の悩みについて書かれていて、それがわかりやすい内容ならお問い合わせがもらえます。

  • 何をやっている人(会社)なのか
  • お客様の悩みをどうやって解決するのか
  • 実績はあるのか

必要としている人の目に止まれば、お申し込みやお問い合わせをしてもらえます。

 

最近は個人事業主でも、自分でホームページを作っている人が多いです。ですが、ホームページを作っても誰からもお問い合わせがないため、困って私のところに相談に来る人もいます。

 

相談された場合は、見た目よりもお客様の欲しい情報がわかりやすく載っているかどうかを確認します。載っていなければ内容を追加・修正してもらっています。

 

あなたもまずはそこからはじめてみましょう。

 

ホームページやブログからお問い合わせが欲しい人は、いつでもご相談ください。一緒にお問い合わせがもらえるホームページの内容を考えましょう。デザインはその後でも十分間に合いますよ。