集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

やりたいことがあるならとりあえずやったほうがいい

最近、色んな人の悩み相談を聞いていて気付いたことがあります。人は本当にやりたいことや一番大事にしていることは、最初に言わずに必ず最後に言います。

 

最初は今やっている仕事の話や取り組んでいることを話しますが、その時の顔は暗いです。徐々に話を聞き出していくと「実は...」と言う感じで申し訳なさそうに、やりたいけど自信がなくてできないことを話出します。

 

でも実際は、その自信のない話をしている時が一番楽しそうですし、徐々に興奮してきて色々と話してくれます。

 

「やりたいけど商売にならない」と本人は思い込んでいますが、私的には一番ビジネスの匂いやお金の匂いがします。

 

変態こそ突き詰めれば、あなたにしかできない仕事になります。

 

そのため、誰かに相談した時に自信なく最後に言ったことが、実はあなたの一番やりたいことだったりします。私もそうでした。

 

結構多いのが、コンサルの先生に「あなたはこれで起業しなさい」と言われてやってみたものの、結果が出なくて私のところに相談に来るパターンです。話を聞いていると「実はこれはやりたくないんです!」と言い出します。

 

やりたくないことを無理やりやっていたので、結果も全然出ていません。

 

それなら今は自信がなくても、あなたがやりたいと思えることをやったほうがいいです。やりたいことや時間を忘れてできることを見つけて、それを商売にすると時間を有効に使えます。

 

もちろん努力や勉強は必要になりますが、それはどの商売でも同じです。それなら好きなことで努力や勉強をしたほうが身に付きます。

 

やりたいことがあるけど、自信のないあなたには成功する可能性があります。ぜひ一度私に相談してください。相談する相手を間違えると、また違う方向に向かわせようとします。そうならないために私に相談してくださいね。

blog.akira-workshop.com