文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

ストアカ講師の方へプレゼン資料をキレイにする方法教えます

ストアカで私も講座をやっていますが、わかりやすいプレゼンを作っている講師の方をほとんど見たことがありません。

 

まず、プレゼン資料をわかりやすくするためには文字数をできる限り少なくします。文字数は少なくて良いのです。要点だけ書くようにしてください。要点の詳しい説明をわざわざ書かなくても、あなたの話で十分相手に伝わります。

 

プレゼンが上手い人は口で説明することも上手いです。そして資料の文字数をできるだけ削って、相手にわかりやすい資料作りをしています。

 

私はすでにプレゼン資料を使わずに講座をしています。

資料を使わなくてもに話せば相手十分に伝わります。

 

みなさん、資料のページ数と文字数を増やせば受講生の方が満足すると思っています。しかし、受講してすぐの満足度は高いですが、情報量が多すぎて消化できません。受講生の方はすぐに忘れてしまいます。

 

後からプレゼン資料を送ってくれる講師の方もいますが、ページ数も多く要点もわかりにくいので見返す気持ちになれません。資料をもらった直後は嬉しいのですが、見返している方はほとんどいません。

 

そして私の講座に来て「他の先生の講座は資料を使ってノウハウだけを教えるので、私にそれが向いているのかわかりませんでした。」と愚痴ります。

 

資料作りに力を注ぐよりも、それぞれの受講生の方の悩みに寄り添う方が喜ばれます。その結果、プレゼン資料は徐々に必要でなくなっていきます。

 

それがプレゼン資料をキレイにする方法です。

  • どこを削ればいいのか
  • 何が要点なのか

それがわからないならあなたの作ったプレゼン資料を私に見せてください。どこを削り、何が要点なのかが私にはすぐにわかります。

一緒にプレゼン資料をキレイにスッキリわかりやすいモノにしましょう。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com