ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ワードプレス記事の文字数は4000文字以上書かないと上位表示されないと言われました

サロン経営をしている女性のお客様から「起業塾でワードプレスの記事は4000文字以上書かないとGoogleで上位表示されないと言われたのですが、書くのか苦痛です」と相談されました。

 

4000文字以下でも上位表示されます。1000文字より少なくても検索上位にあがってきます。Googleは記事の文字数が多いほうがいいとは言っていません。皆さんが勝手に解釈し、文字数が多いほうがいいと信じているだけです。

 

私の占い師の時のワードプレスはめちゃくちゃ文字数が少ないですが、Googleで1位表示され、そこからお客様が来ていました。

 

お客様の記事を読んでいると、最初はとても良い記事なのですが、文字数を稼ぐために途中から同じことが繰り返し書かれている上に、最後のほうは読むのがつらすぎて読めませんでした。

 

最後まで読まれない記事を書いても誰からも申し込みが入らないので、できるだけ短く読みやすくしてください。わかりやすく読みやすい記事は、必然的に短い記事になります。そしてそのほうがGoogleからも読者からも好かれます。

 

起業塾は本当にロクなことを教えていません。起業塾に通っているお客様からの集客の相談も多いですが「ホントにこんなこと信じているのか!」とビックリします。気の毒でなりません。

起業塾に疲れている人は本当に多いです。あなたは起業塾に疲れていませんか?1人で悩んでいても解決しません。起業塾に入っているけど集客できずに悩んでいるあなたは、私からするとまともな精神を持っています。いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com