ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログから集客できないのは余計なことを書きすぎているから

お客様のブログを添削していて思うことがあります。それはほとんどの人が余計なことを書きすぎているということです。

  • 自己紹介文
  • 天気や季節の話
  • 最近自分に起こった出来事

この3つの余計なことがブログ記事の前半に書かれています。これらは読み手からすると必要のない情報です。

 

ほとんどの人は、ブログの記事タイトルを読んで「この記事を読んでみたい」と思えば、クリックしてブログを読んでくれます。

ですが、タイトルをクリックしてブログ記事を読むと、タイトルに書かれている内容がほとんど書かれていません。書き手の自己紹介、天気や季節の話、最近の出来事がツラツラと書かれています。それらの余計なことを先に読んでからでないと、タイトルに紐付いた記事まで辿り着けません。これでは最後まで読まれなくて当然ではないでしょうか。

 

特に自己紹介を延々と書いている人がアメブロには多いです。どの記事を読んでも自己紹介が記事の半分を占める人もいます。そんな記事は、ほぼ最後まで読まれません。途中で読者は離脱してしまいます。

 

ブログ記事の冒頭から天気や季節の話を書いても誰にも喜ばれません。なぜならGoogleから検索で記事を読みにきた人には、その日の天気や季節は関係ないからです。

 

あなたに起きた出来事を書きたい場合は、同じ記事内でまとめて書こうとせずに、別記事として書いてください。そうすれば興味のある人は読んでくれます。

 

余計なことを記事から削っていくと、ブログ記事タイトルの「問い」に対する「答え」がブログ記事内に残ります。それをだけをブログ記事に書くようにしてください。そのほうがシンプルで読みやすくなります。

 

「余計なことがどの部分なのかわからない」人は、ぜひ一度私のブログ添削サービスを利用してみてください。あなたのブログ記事のどこが余計な部分で、どこを残せば良いのかがわかるようになります。そして、わかりやすく読みやすい記事をあなた一人でも書けるようになります。ご興味ある人はぜひ。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com