ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

わかりやすい文章にするために意識する4つのこと

お客様のブログや文章を読んでいて「ん?何を書いてるの?」となる時があります。

それは、

  • 目的語がない
  • 主語がない
  • 装飾語がどこにかかっているのかわからない
  • 読点(とうてん)を打つ箇所が間違っている

この4つです。

逆にこの4つを意識して文章を書くことで、わかりやすく読みやすくなります。

わかりにくい文章には、目的語がないことが多いです。読んでいても「何のことを言っているのか?」がわからない時もあります。

 

例えば、

「私は、美味しい饅頭を食べました。」

  • 私は ー 主語
  • 美味しい ー 装飾語
  • 饅頭を ー 目的語
  • 食べました ー 術後

短い文だとこの4つを入れることができ、わかりやすい文になります。逆に長くなればなるほど「主語」が抜ける、または「目的語」が抜けることが多くなります。

 

私のブログの一文で例えると

「裏側の歯列矯正をはじめてからチョコレートの塊を食べていませんでした。」

これには主語がありません。読点も打たれていません。主語と読点を入れると、

「裏側の歯列矯正をはじめてから、私はチョコレートの塊を食べていませんでした。」

に変えると読みやすくなります。

今日食べたので過去形となります。まだ食べていないなら「食べていません。」に変わります。英語の文法の勉強に似ていますよね。

 

読点をどこに打つのかは悩む所ですが、一文の中に読点は2回までというのが一般的です。

 

正しい日本語は本当に難しいです。あなたは作家でもライターでもないですし、私も同じです。とにかくわかりやすい文章を書くことだけを意識しましょう。

コチラの記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

長い文を短くする方法がわからない人は、いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com