ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ストアカで集客するには講座内容に何を書けばいいのかわかりません

私もストアカで講師をやっていますが、講師の人もご相談に来られます。その際「ストアカで集客したいのですが、講座や教室ページに何を書けばいいのかがわかりません」と相談されることがあります。

 

ストアカで重要なのは

  1. 教室ページ
  2. 講座内容
  3. プロフィール

の順番ではないかと私は考えています。

 

受講生は教室ページをかなり読み込んでから申し込みます。そこで何を見ているのかというとあなたの実績です。ですが、教室ページ、講座内容ともに実績だけを長々と書いても受講者は来ません。

ストアカでは「あなたの実績によって受講者が得られるメリットとベネフィット」を書くと受講してもらえる確率があがります。

 

重要なのは、

  • どんな悩みを持った人を対象に講座を開催しているのか
  • 講座を受講することで何が得られるのか

この2つを教室ページ、講座内容のどちらにも書かないと受講してもらえません。

 

ストアカは学びの場なので、実績のない講師にお金を払うことはほぼありません。そのため、実績のない人がストアカで講座を開催しても、受講してもらえる確率は低いです。

 

ただ、実績があるにも関わらずご自分の実績を書いていない講師もいます。実際、私に相談してくれたお客様は、皆さん実績がありました。ただ、書き方に問題があるので受講生が増えないのです。

 

私はプロフィールと教室ページを書き直してからお客様が定期的に入ってくるようになりました。ブラッシュアップのために時々ストアカ全体の文章を見直しますが、その度にアクセス数が増えます。それだけ皆さん読み込んでから申し込んでいるということです。

 

最初は人気講師のプロフィールや教室ページを見本にして書いてみてください。ただし、安い料金だから人気の人は除外してください。本当に実力で人気のある講師のプロフィールや教室ページはとても参考になります。

 

どうしても一人では書けない方はいつでもご相談ください。ストアカで受講してもらえる教室ページと講座ページの書き方を教えます。

blog.akira-workshop.com