文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

タロット占い師が依頼者にリピートしてもらえるメール鑑定の書き方を教えてください

占い師の方から「メール鑑定をしていますが、全然リピートしてもらえないです。」とよく相談されます。

 

お客様からリピートされるには、リピートされるようにメール鑑定を書かなければリピートされません。鑑定結果を書いて終わりではリピートされないのです。

次は何について占えば、その人の悩みが解決するのかを先回りして考え、依頼者に教えてあげるのです。

鑑定結果を書いた後に「次回は〇〇について鑑定することで、より深くあなたの気落ち(または相手の気持ち)を知ることができます。」と付け足しましょう。

 

1回で解決できるお悩みならいいですが、1回で解決できる悩みはなかなかありません。そして、依頼者は最初にウソを書くことが多いです。どこの誰かわからない占い師に全部を話すことはほとんどありません。

 

初回の鑑定で

  • ある程度当たっている
  • 依頼者の気持ちに寄り添っている

のであれば、次の鑑定を依頼をしてくれます。そして、その際は本当のことを話してくれます。そうなるように次に繋がる鑑定結果を書きましょう。

 

占い師は少ない情報を元に占わなければならない場合が多いです。その情報とあなたの鑑定内容を元にして「依頼者は何を望んでいるのか?」を読み取らなければ次にはつながりません。

 

ほとんどの占い師の方がカードを読んで終わっています。それでは絶対にリピートされません。「依頼者は何に悩み、どうなりたいと望んでいるのか?」を常に考えながら、鑑定結果を書くようにしましょう。

 

どうしてもメール鑑定の書き方がうまくいかない方は、いつでもご相談ください。あなたの鑑定内容を添削し、リピートされる書き方を私が教えます。

blog.akira-workshop.com