集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

タロット占い師が依頼者にリピートしてもらえるメール鑑定の書き方を教えてください

占い師のお客様から「メール鑑定をしていますが、全然リピートしてもらえないです。」と、よく相談されます。

 

お客様からリピートされるには、リピートされるようにメール鑑定を書かなければリピートされません。鑑定結果を書いて終わりではリピートされないのです。

 

次は何について占えば、その人の悩みが解決するのかを先回りして考え、依頼者に教えてあげるのです。

 

鑑定結果を書いた後に「次回は〇〇について鑑定することで、より深くあなたの気落ち(または相手の気持ち)を知ることができます。」と付け足しましょう。

 

1回で解決できるお悩みならいいですが、1回で解決できる悩みはなかなかありません。

 

そして、依頼者は最初にウソを書くことが多いです。どこの誰かわからない占い師に全部を話すことはほとんどありません。

 

初回の鑑定で

  • ある程度当たっている
  • 依頼者の気持ちに寄り添っている

のであれば、次の鑑定を依頼をしてくれます。そして、次回は本当のことを話してくれます。そうなるように、次に繋がる鑑定結果を書きましょう。

 

どうしてもメール鑑定の書き方がうまくいかない人は、いつでもご相談ください。あなたの鑑定内容を添削し、リピートされる書き方を私が教えます。