ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

お客様の視点と自分の視点がズレていることに気付けました

本日は対面コンサルでした。対面でお客様と合うのは久しぶりです。やっぱり直接会って話したほうが話が早いです。

 

facebook広告を打つにあたって、ランディングページとプレゼン資料を作るためのミーティングでした。予めお客様に出した課題が私の考えていたものとズレていたので、調整していきました。

 

「頭の中では、秋山さんの言っていることを理解しているつもりでしたが、実際に話してみるとかなりズレていたことに気付けました。」とご感想をいただきました。zoomではなかなか伝わらないことも対面だと伝わることもあります。

 

一人で考えていると、どうしても自分を客観的に見れなくなります。そのため、他の人に客観的に見てもらわないと売れない人のまま抜け出せません。もちろん、私もあなたと同じで、自分を客観的になかなか見れません。

 

お客様と同じ視点に立たないとあなたの商品は売れません。お客様が何に悩み、何を不安に思っているのかを考えないと、あなたの商売は成り立ちません。

 

売れる商品を持っているのに売れていない人は、ほぼそこを考えることができていないから売れていないだけです。売れる可能性が高い人はいます。私はそんな人のお手伝いができればいいなと思っています。

 

ひとり起業やっている人や中小企業でコンサルタントが怪しいと思っている人は、デザイナーの私になら相談しやすいと思います。

売れる商品があるのにイマイチ売り方がわからない場合は、ぜひ私に相談してください。

blog.akira-workshop.com