集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ロジカルシンキングな人も結構大変な話【エッセイ】

人には「論理的に考える人」と「感情的に考える人」がいる。一般的に男性のほうが論理的で、女性のほうが感情的と言われてる。

 

論理的に物事を考えられる人は他人への説明は上手いけど、自由な発想ができないため悩む人も結構いる。

 

ロジカルシンキングは、まず最終到達地点を決めて、そこに向けて逆算で考えていく。そこで、少しでも予想外のことが起きるとパニックになったりする。

 

臨機応変に対応することが苦手なのだ。予想外のことを含めてすべてを計算に入れて組み立ていかないと気が済まないので、それが終わるまでは前に進めない。

 

システムエンジニアにロジカルシンキングが多いのは、予想外のできごとも含めてシステムを組み立られるからだと思う。

 

感情的に物事を考える人は、逆算で考えることができない。人に説明するのも上手くない。その代わり、行き当たりばったりに強い。

 

女性が後先考えずに「起業しよう!」と思うのは、論理的に考えられない人が多いからだと思う。そうなるとあんまり感情的すぎてもダメやね。

 

私は7:3の割合で感情的と直感的が勝ってるかな。人生のほぼほぼを直感とヒラメキでくぐり抜けてきたから。デザイナーには直感力が必要よね。

 

ただ、デザイナーの仕事では論理的に考えないと仕事にならない部分がある。なので、3割ぐらいは論理的なのかも。

 

あんまりロジカルに考えすぎると身動きが取れなくなるので、その辺りロジカルシンキングすぎる人は大変だと思う。

 

私は7:3で良かった。どちらかと言えば論理的な女です。