集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ホームページはタイトルの付け方でGoogleに登録されるかどうかが決まる

お客様のブログやホームページを添削していると、ほとんどの人が何も考えずにサイトのトップページのタイトルを付けています。業者に頼んだホームページでもSEO対策をしていないホームページが多いです。

 

SEO対策をせずにトップページのタイトルを付けると、Googleに登録されにくいため、検索されクリックされることがありません。

 

ブログやホームページは、トップページのタイトルによりGoogleやYahoo!で上位表示されるかどうかが決まります。

 

 「地域名+職業名+店舗名(カタカナ表記またはひらがな表記)

でタイトルを付けると、断然GoogleやYahoo!に登録され、検索で表示されやすくなります。

 

最近、チェックをお願いされたコインランドリーのホームページでは、ホームページのトップページタイトルに「コインランドリー」の文字が入っていませんでした。その上、店舗名も英語表記でした。

 

そのため、ホームページタイトルを見ただけでは、「何のお店かわからない」状態になっていたので、タイトルを「地域名+コインランドリー+店舗名(カタカナ表記)」に変更してもらいました。

 

私が占い師の時も「大阪 難波のタロット占い師」をトップページのタイトルに付けていました。

 

住んでいる地域で何かのお店を探している場合、人は「地域名+職業名」で検索します。

 

どんなキーワードを使ってお客様が検索するのかを考えて、ホームページタイトルを付けるようにしてください。それだけでGoogleに登録されやすくなり、検索順位も上がってきます。

 

ホームページのトップページ以外のページタイトルの付け方も同じです。各ページタイトルには必ず検索されるキーワードを入れてください。

 

15年以上前に中小企業のホームページを作成していた時も、私はこの方法でGoogleやYahoo!に1位表示させていました。その頃からタイトルの付け方はほとんど変わっていません。

 

ホームページが検索されずに悩んでいる人は、まずはタイトルを見直してください。1人ではわからない場合はいつでも相談してください。まずはトップページタイトルの見直しから一緒に始めましょう。