ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

文章をわかりやすく書くために参考になる本を紹介

ブログでもSNSでもプレゼンでもメールでも、わかりやすい文章を書かないと誰にも読まれません。ですが、わかりやすい文章を書ける人はほぼいません。私もわかりやすい文章を書くために日々勉強しています。

 

わかりやすい文章を書きたいあなたにオススメの本があります。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤吉 豊、小川 真理子(著)

 

私ももちろん購入して読みました。わかりやすい文章を書くための超基本的なことが書かれています。まったく難しくはありません。誰でもすぐに実践できる内容です。

 

私のブログ記事にもよく書いていることが書かれています。

例えば、

  • 文章はシンプルに
  • 伝わる文章には「型」がある
  • 文章は必ず「推敲(すいこう)」する
  • 「わかりやすい言葉」を選ぶ
などです。
 
読まれるブログにするための本や、コピーライティングの本はたくさん出ています。ですが、それらを読んでもわかりやすい文章を書けるようにはなりません。
 
なぜならテクニックの前に、基本的な文章の書き方を知らないからです。
 
テクニックを追求するよりも、わかりやすい文章を書いたほうが読み手に伝わります。誰も小説のような話をブログやメールに求めていません。

 

読み手は自分が求めている情報を知りたいだけです。そこを理解して文章を書くと、余計なことを書く必要がなくなります。

ぜひ購入して読んでみてください。必ず参考になります。

 

本を読んでも一人ではわかりやすく書けない時は、いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com