集客ブログ記事の書き方・添削・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

スピリチュアルを出して怪しい人と思われるのが怖いです

占い師やヒーラーのお客様のブログを読んでいると「スピリチュアルと書くと怪しい人と思われるかもしれませんが、怪しくはありません。」と、ブログ記事に書いているのをよく見かけます。

 

「なぜ怪しくないと書いているのですか?」と、お客様に質問すると「痛い人や怪しい人と思われたくないので、スピリチュアルを前面に押し出すことを躊躇しています。」とのこと。

 

その割に、スピリチュアルの専門用語を使い、用語の解説もなしに記事を書いています。今までどんな悩みを解決してきたのかも一切書いていないため、読んでいても何を伝えたいのかが、わかりません。

 

お客様の悩みを解決するために、スピリチュアルな部分を書く必要があるなら、しっかりと書いてください。曖昧に書いたり、誤魔化すと余計に怪しい人に見る上に、何をやっている人なのかも伝わりません。

 

スピリチュアルな部分を専門用語だけで書くとただ単に痛い人になります。ですが、専門用語をなるべく使わず、わかりやすい表現で文章にして書くと、そこまで怪しくは見えません。

 

目に見えないものをサービスとして提供するには、わかりやすさが必要です。

  • ハイヤーセルフとは何なのか?
  • チャクラとは何なのか?
  • 周波数とは何のか?
  • 磁場とは何なのか?

それらが人とどのように関係しているのか、その力を使って人の悩みをどのように解決できるのかをしっかりと書いていれば、読み手は納得します。

 

「怪しい人と思われたくない」と言っている人ほど、自分のことを怪しい人と思っているように私には見えます。遠慮しながらスピリチュアルのことを書いている人から、商品やサービスを買いたくなる人はいません。

 

まずは曖昧な表現をやめてみましょう。そしてわかりやすい文章でスピリチュアルを解説してみましょう。

 

怪しい人と思われたくなくてスピリチュアルが前面に出せない人は、いつでもご相談ください。 

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします