ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

小説「死ねばいいのに」の話【エッセイ】

京極夏彦の小説「死ねばいいのに」を数年ぶりに読んだ。

死ねばいいのに」京極 夏彦 (著)

 

ずっと読み返したかったけど、ずいぶん前に電子書籍で購入したために、読めなくなっていた。ということで、最近ハマっている図書館で本を借りた。

 

物語はアサミという女性が殺された後の話。アサミと生前関係のあった人に、主人公が一人一人と会ってアサミの話を聞いていく。

 

アサミのことを質問しているのに、皆自分の不平不満しか話さない。一見アサミと仲良くしてる風でも、誰もアサミのことなんてまったく見てなかったということ。

 

一人一人の話に京極夏彦らしいオチがついてくる。この小説、読んでると本当にスッキリする。この小説はマジで大好き!

 

誰もが自分のことしか考えていなくて、いかに他人に興味ないのかがよくわかる。ブログ集客がうまくいっていない人にはぜひ読んでもらいたい。人がどれだけ自分のことにだけ興味があるのかが、よくわかる小説だ。

 

京極夏彦が小説家デビューした頃、私は大学生だった。デビュー作が「姑獲鳥の夏」という小説で、映画にもなった。百鬼夜行シリーズいう小説シリーズで、憑き物落としの話だがめちゃくちゃ面白い。ずいぶん長い間続編が発表されていないのが残念。

本屋に行く度に、今でも新刊が出ていないか必ず探してしまう。早く続編が読みたいよー。

blog.akira-workshop.com