集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

売りやすい商品は自分の商品より他人の商品

自分の商品より他人の商品のほうが売りやすいです。

 

なぜなら、他人の商品は客観的に見ることができるからです。その反対で、自分の商品は客観的に見ることができません。

 

ここが悪い。ここが良い。ここをもっと工夫したほうがいい、など。客観的に見ることができれば、イマイチなところはカバーし、イチオシのところをグイグイと推していくことができます。

 

商品を売っている本人には、これがなかなかできません。よほどの商売上手な人でない限り、自分の商品を客観的に分析することは難しいのです。

 

もちろん私も自分の商品を売ることが得意ではありません。そのため、お客様の商品を客観的に見ることを商売にしています。

 

今コンサルしている会社もホームページやブログの見せ方や書き方、売り込み方がイマイチだったので、伸び悩んでいるだけかもしれません。

 

そう考えると、良い商品なのに売れていないということは、客観的に見てくれる人がいるだけで売れる可能性は格段にあがるということです。

 

あなた1人で考えるよりも、客観的に見てくれる人にお願いして一緒に考えてもらうほうが時間もお金も節約できますよ。ぜひ一度相談してくださいね。