ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

無料でデザインした名刺が高級トイレットペーパーになって戻ってきた話【エッセイ】

1年ほど前に「名刺のデザインをして欲しい」と友達に頼まれた。その友達は教師をやっている。知らなかったけど、教師は名刺を自分で作らないとダメらしい。地域差とかあるのかもしれないけど。

 

その友達は自分でもデザインができるものの、私にどうしてもデザインして欲しいとのことなので引き受けた。アイディアは友達が出してくれたので、私はイラストを描いてデザインをして、印刷用のデータを作成した。名刺のデザインぐらいすぐにできるので、無料で作った。

それがコチラ。表が黒板で裏が物差し。

名刺デザイン見本

文字の部分は、チョークで書いたようにしている。芸が細かいのよ、私って。

 

数ヶ月経ってから、高級トイレットペーパーがその友達から送られてきた。

www.fuwafuwa-roll.com

献上セレクト

 

ビックリたまげた。このトイレットペーパーをいただく前に、会社の人が「皇室献上品のトイレットペーパーは自分では買わないけど、誰かにもらいたい」と言っていたので、タイムリーすぎてビックリした。

 

モッタいなさすぎて、結局部屋に飾っている。私に何かがあれば一度使ってみようと思っているけど、一体何が起これば使っていいのかがわからない。
 

このようにして、またもや無料で作ったものが良いモノになって返ってきた。無料で作ったとしても、みんな何かしら返してくれるのよね。ありがたいです。

 

わらしべ長者的な感じになってるな。

実は今日、また違うものを贈ってくれた方がいるので、その話はまた今度書く予定。

blog.akira-workshop.com