集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

自分らしく生きさせることに需要はあるのか?

「自分らしく生きたい人をお客様にしたい」というお客様が多いです。特に女性のセラピストさんやカウンセラーさんは、ほとんどこのパターンです。

 

自分らしく生きるというのは、

  • 人の意見や視線を気にせずに生きる
  • 人にどう思われても気にせずに生きる

ということです。

 

これがなかなか難しいです。

 

なぜなら人にどう思われるかが気になってブログを書けない人ほど、自分らしく生きたい人をお客様にしたいと考えているからです。

 

この時点で矛盾しています。

 

私の経験上、自分らしく生きていないということに気付いた人は、気付いた時点で自分から行動を起こしています。

 

自分らしく生きるために、人にお金を払ってまで「自分らしく生きる生き方」を教えてもらう必要はありません。自分の好きなように生活すればいいだけです。

 

そう考えると「自分らしく生きさせる仕事」に需要はあるのだろうかと思います。私の周りには「自分らしく生きられなくて悩んでいる」という人はいません。

 

そして、「自分らしい」とはどんな自分なのかが私にもわかりません。どういう私が自分らしいのかを明確に定義できません。

 

皆さん「自分らしく生きる」という言葉に惑わされ過ぎなのではないかと思います。

 

人目が気になるのは、誰でも気になります。気にならない人はほぼいません。

 

人にどう思われているのか気になるのも、仕方ありません。人と接している限り、相手にどう思われているのかは誰でも気になります。

 

人の意見に左右されるのは、人の話をちゃんと聞いているということでもあります。

 

それを踏まえた上で、

  • あえて人目を気にしない
  • 人は人、自分は自分と分けて考える
  • 自分の意見を貫き通す

ある種の開き直りが欲しい人は多いと思います。

 

「自分らしく生きさせること」に需要はなくても「開き直って生きられるようにすること」に需要があるのではないかと思います。

 

なので、あなたも開き直ってブログを書いてみてください。

 

まずは自分が開き直らないとお客様は来ません。 「こんなに開き直ってブログが書けるなんてスゴーイ!」と読み手に思われたら、運良くお客様になってもらえるかもしれません。

 

人目が気になって良いことばかりブログに書いている人ほど、自分らしくにこだわっています。こだわるということは、自分ができていないからこだわっているのです。

 

こちらの記事も参考にしてください。

→ 関連記事:人目が気になってブログがうまく書けません

→ 関連記事:人目を気にしている人ほどお客様に自分らしく生きて欲しいと言う

 

開き直ったブログが書きたい人はいつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com