ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

どの仕事をメインで集客すればいいのかがわかりません

「やりたいことが複数あり、どの仕事をメインに集客すればいいのかがわかりません」と男性のお客様に相談されました。実は、男性のお客様からこの質問をされることが多々あります。

 

やりたいことが複数(2〜3個ぐらい)ある場合、とりあえずそれらすべてを1つのブログから集客することをオススメしています。なぜなら起業初期はどの仕事に需要があるのかがわからないからです。

 

複数の仕事がしたい男性はたくさんいますが、どの仕事でも経験と実績があまりない人が多いです。実績がない場合、ブログ記事に書くことがありません。

1つの仕事だけでは記事数が稼げないなら、それぞれの仕事で記事を書くと1つのブログの中で複数の記事が書けます。それだけで、1人でも多くの人にブログ記事を読んでもらえます。

 

「ブログをそれぞれの仕事で分けたほうがいいですか?」と聞かれることも多いですが、1つのブログを運営するだけでも大変です。それを3つのブログを同時に管理するのはほぼ無理です。ブログを書いたことがないならなおさらです。

 

はてなブログやワードプレスならそれぞれの仕事を「カテゴリー」で分けて記事を書きます。アメブロなら「テーマ」で分けて書きます。「note」ならマガジンで分けて書きます。そうするとブログを1つだけ管理すればいいので楽になります。複数のブログを管理するのは、やる気のある時はいいですが、数ヶ月もすればやる気がなくなってきます。

 

どの仕事に需要があるのかはやってみないとわかりません。とりあえずは、カテゴリーに分けて記事を書いて集客してみましょう。

こちらの記事も参考にしてください。


どの仕事に需要があるのか見極められない人、またはどのようにブログ記事を分ければいいのかがわからない人は個別にご相談ください。

blog.akira-workshop.com