文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

ブログ記事を書く時間はどれぐらいかけた方がいいですか?

ブログ記事を書くのに費やす時間は15分以内にしてください。私のお客様には全員そうお伝えしています。

 

「ブログ記事を書くのに2〜3時間かかって苦痛です」という方がめちゃくちゃ多いです。2〜3時間もかけて記事を書いていたら、それだけで1日が終わる感じだと思います。

 

15分以内に書けない記事なら書く必要はないです。時間の無駄です。

 

私が占い師でブログを書いていた時は、通勤電車の15分の時間を使って書いていました。ブログを書き始めるまでに、頭の中でほぼ書くことは決まっています。後はそれを文章にするだけです。

 

最初は15分以内で全部を完結させるのは難しいです。

その場合、ブログ記事を書くことに慣れるまで、以下の順番でやってみてください。

  1. 思いついたことをそのまま入力する(15分以内)
  2. 不要な文章を削除したり並び替えたりして編集する
  3. 読み返して文字間違いを修正しアップする

とりあえず思いついたことを何でもいいので15分以内で入力します。入力してから、編集作業を行います。編集後、推敲(自分で文章を校正すること)してアップします。

 

この一連の流れを本当は15分以内でできることが理想ですが、最初は難しいです。それなら、とりあえず入力だけでも15分以内にできるように頑張りましょう。

 

慣れてくると1〜3までが自然と15分以内にできるようになります。

これができるようになるとかなり楽です。

 

 「15分以内に書くにはどうすればいいのか?」という方は、PREP法を勉強してください。ブログ記事本文は500文字以内で大丈夫です。

 

それでも15分以内にブログが書けない方は、いつでもご相談ください。15分以内にブログが書ける方法を教えますよ。

blog.akira-workshop.com