ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ストアカの受講者は教えてくれる人より相談できる人を求めている

ストアカの講座を受講してくれるお客様のほとんどが、「教えてくれる人」よりも「相談できる人」を求めています

 

自分なりにWeb集客をやっている人は「本当にこれで合っているのか?」「なぜお客さんが来ないのか?」を聞きたいと思っています。

これからWeb集客をはじめる人は「ブログをやろうと思っているけどブログって集客できるのか?」「SNSって毎日アップしないとダメなイメージあるけど、本当のところどうなのか?」を聞きたいと思っています。

 

どの講座に参加しても

  • 講師が推奨するWeb集客のやり方を教えてくれる
  • 成功した人のやり方を教えてくれる
  • Web集客のツールの使い方を教えてくれる
  • どうすればフォロワーを増やせるのかを教えてくれる

そういう講師はたくさんいます。

 

ですが、

  • 自分が疑問に思っていることを相談できる人
  • 自分が聞きたいことを質問できる人

はいません。

 

ストアカ受講者は、私の講座を受講してくれて「今まで悩んでいたことを相談できて良かったです!」「秋山さんにお話しできて悩みがスッキリと解決しました!」と言ってくれます。

 

そんな言葉を聞くたびに「相談できる人っていそうでいないな」と思います。

今までのご相談内容はコチラを参考にしてください。


私の講座では受講者の話をじっくりとお聞きします。途中で話を遮ることはほぼありません。

  • どんなことに悩んでいるのか
  • 現状はどうなっているのか
  • この先どうなりたいのか
  • 課題だと思っていることは何なのか

を順番にお聞きして、その人に合った方法を一緒に探したり、ご提案したりします。話を最初にじっくりと聞いてくれる人は本当にいないのです。

 

これってどの商売でも同じだと思います。

 

お客様は自分の話をじっくりと聞いてほしいのです。そして自分の悩みを理解した上で、解決方法を一緒に探してくれる相手を探しています。

そこを踏まえた上で商売をすると、お客様に喜ばれます。ホントですよ。

 

相談できる人が身近にいないなら、いつでも私に相談してください。私のところにはそんな人がたくさん来ています。

blog.akira-workshop.com