男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

何について書いているブログ記事なのかが自分で読んでもわかりません

「この記事は何について書かれている記事なのですか?」とブログ添削を頼まれた際、お客様に質問することがあります。ですが「何について書いている記事なのかが自分で読んでもわかりません」という返事が返ってくることが多いです。

そんな人は、最初に書く内容を決めずに適当にブログ記事を書いています。

 

ブログ記事を書く場合、最初に

  • ブログ記事のタイトル
  • ブログ記事の結論

この2つを決めてから書かないと、何について書いている記事なのかが自分自身でわからなくなります。

 

わからなくなる例としては、

  1. 最初は部屋の片付け方について書いていた
  2. 気付いたら自分の部屋にある置物の話を書いていた
  3. 最後は置物にまつわる自分の思い出話を書いていた

という感じで、記事を書いている途中途中で芋づる式に思い出した話を書き足しています。

 

書くことを決めずに思い付くままにブログ記事を書いていると、こうなります。

 

タイトルも「部屋をキレイにして心を軽くしましょう!」という曖昧なタイトルを付けている場合が多いです。ブログタイトルも後付けなので、SEO対策もせずに適当に付けている人がほとんどです。

 

まとまりのある記事を書きたい場合、上記の例では、

タイトル「部屋を短時間で片付ける方法」

結論「出したモノはどこに仕舞うかを最初から決めておく」

と記事を書く前に決めておきます。

 

後は、PREP(プレップ)法に沿って、

結論(Point)→ 理由(Reason)→ 具体例(Example)→ 結論(Point)

の順番で記事を書いていきます。

こちらの記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

タイトルと結論を先に決めておくことで、余計なことが書きにくくなります。余計なことを書くと「タイトル」「結論」から記事の内容がズレるからです。 

 

ブログ記事を書いていても、自分自身で何について書いているのかわからなくなる人は試してみてください。

 

一番良い方法はノートに手書きで「タイトル」「結論」を書いてから、ブログ記事を書くことです。騙されたと思って一度試してください。きっと内容がブレにくくなります。

 

ブログ記事を添削して欲しい人はいつでもご相談ください。ブレにくい記事の書き方を教えます。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com