文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

ほとんどのサロンがホットペッパービューティーをやめたいと思っている

サロンからWeb集客のご相談をされることが多いのですが、ほとんどのサロンがホットペッパービューティーで新規顧客を獲得しています。

 

ですが、話を聞いているとほとんどのサロンが、ホットペッパービューティーをやめたいと思っています。

 

月々の料金が高い上に、新規顧客をほとんど獲得できないサロンも多いからです。

その上に、ホットペッパービューティーから来るお客様は、20代〜30代前半の比較的若い女性の方が多いため、サロンのターゲット層に当てはまっていないこともあります。

 

堀江貴文氏の記事でも書かれています。

president.jp

上記の記事から一部を引用します。

ヘアサロンやネイルサロンも「ホットペッパービューティー」を使っているお店が多いが、これも同じく新規の集客がメインだ。店舗の利益率向上にはむしろマイナスになっている。

クーポンが目的の新しいお客さんをたくさん集めるよりも、来てくれたお客さんへの対応をより丁寧にして、リピートしてもらうことが非常に大事だということだ。

PRESIDENT Online:堀江貴文「コロナ不況でも儲かる飲食店と潰れる飲食店の決定的な違い

 

以前、私の記事でも書いたのですが、新規顧客が来ない理由としてリピーターのお客様の満足度が低いことが考えられます。


リピーターのお客様の満足度が高い場合は、リピーターのお客様が勝手に他の方にオススメしてくれます。 他の商売でも同じだと思います。耳の痛い話でもありますね。

 

Web集客に力を入れる前に、リピーターのお客様の満足度をあげていくことが重要です。それをやりながら、時間のかかるWeb集客に力を入れ、ホットペッパービューティーからの脱却を目指すことがいいのではないかと思います。

 

Web集客は時間がかかります。その上に、絶対的な正解はありません。トライ&エラーを繰り返しながら地道にやっていくしかありません。

 

コロナの影響は、この先2年ぐらいは続くと思います。それなら、その2年を使ってWebからの新規顧客の獲得を育てていく気持ちでやればいいのです。

 

リピーターのお客様を大切にしながら、時間をかけてWeb集客をやるだけです。そのことにお金はほとんどかかりません。

できることから今すぐにはじめてみましょう。

blog.akira-workshop.com