文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

やらなければならないことができないならやらない方がいい

「やらなければいけないことはわかっているんです」というお客様の声をよく耳にします。「やらなければならない」「やらなければいけない」ことはわかっているのにできないなら、それはやらなくてもいいってことです。いっそのことやらないでください。気持ちが楽になります。

 

ブログ記事を添削することも多いですが、私に添削してもらうために無理矢理ブログ記事を書く方もいます。書くこともないし書きたくもないけど、書かないと集客できないことはわかっているので嫌々書いています。

 

そういうブログは読んでいてもちっとも面白くありません。むしろ読んでいると苦痛です。ツラすぎて最後まで読むこともできません。無理矢理絞り出して書いているので、何を言いたいのかが読んでいてもわかりません。

 

仕事として読んでいる私が読めないブログ記事を一体誰が読むのでしょうか?

 

ブログを書くことは苦行ではありません。苦行だと思っている方もいますが、書きたくないなら書かなくても問題はないのです。

 

やらなければならないと思っている時点で間違っています。なぜなら「誰かにやらされている」と思い込んでいるから、「やらなければいけない」という発想になるのです。

 

「とりあえずやってみるか」という軽いノリが大事です。ブログなら「今日は書くことあるから、忘備録としてとりあえず書いておくか」程度のノリで十分です。

 

毎日更新しなくてもいいです。書くことがある場合だけ書いてください。書きたくないのに書いている文章は読むとすぐにわかります。読者にもそれがバレています。

 

ブログを書くことが苦しいならやめても全然問題ありません。きっと何もしたくないのです。それでいいと自分に言ってやりましょう。「ブログなんて書かなくても死なないんだから、書かなくていいんだよ」

 

ブログを書くことが苦しくて悩んでいる方は、そもそも書くことを間違っているだけかもしれません。ぜひ一度何を書いているのか私に見せてください。私に相談することで、きっと楽になりますよ。

blog.akira-workshop.com