集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

感染者数が905人になった大阪の状況【エッセイ】

とうとう大阪の感染者数は905人になった。

 

大阪の繁華街に出れば、平日でも関係なくすごい人混み。カフェに入れば20代の女性がマスクもせずに大声で喋っているのが、嫌でも目につく。マスクをせずに歩いているのも20代の女性が多い。

 

そして同時にシャッターの降りている店も目につく。私が通っていた店もいつの間にやら閉店していた。

 

それでも未だに「感染した人」が近くにいない。私の周りの人に聞いてみても感染した人が身近にいないと言う。

 

そんな状況なので、大阪人には危機感があまりない。身近に感染者がいないので「大丈夫なんじゃないか?」という気持ちになり、出歩いたりご飯を食べに行ったりする。

 

感染者数だけ言われてもイマイチピンとこないのは、どこでどんな人が感染しているのかを報道してないからでは?と思う。

 

私が報道をちゃんと観てないからかもしれない。けど、一体どこでどれだけの人が感染しているのかを報道すれば、さすがの大阪人でもそこにはあえて行かないだろう。

 

大阪の感染者数はこのままだとまだまだ増えるだろう。それぐらい街中は人で溢れている。

 

まあ、私も必要な時は出かけてるんだけどね。それでもホントに友達とは全然会えなくなった。今年は会えないかもね。

エッセイ記事一覧