集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

歯列矯正のリテーナー(保定装置)が割れた話【エッセイ】

裏側の歯列矯正装置が2021年2月12日に外れた。その日からずっとリテーナーを装着している。

 

食べる時は以外はまだ外せない。外すと歯が元の位置に戻ろうとして開いてくる。なんとも厄介。

 

私の場合は歯の噛み合わせが普通の人よりもキツイ。そのため、歯が元の位置に戻ろうとする力もかなり強い。そのため、リテーナーを外す時にかなりの力が必要になる。

 

今朝、リテーナーを外そうとしたら下の歯のリテーナーがぱっきりと真っ二つに割れてしまった。予備で1セットもらってるけど。まさかこんな早くに割れるとは。かなりショック。

 

新しく作るのにお金がかかる。割れたリテーナーはつけてから1ヶ月ぐらいしか経っていない。このペースで割れ続けると一体リテーナーが何個必要になるのかと嫌になる。

 

歯列矯正は矯正装置をつけてる間はマジで地獄だけど、装置外しても地獄は地獄かな。

 

リテーナーに色が付かないように、リテーナーをつけている間は水しか飲めない。何より食べる前にリテーナーを外す作業が必要になる。

 

つけたり外したりを1日に何度も繰り返すので、結局また食事をするのが面倒になって食べる回数が減る。

 

やっぱり裏側の歯列矯正はダイエットに最適だと思う。

→ 関連記事:確実に痩せたいなら裏側の歯列矯正がオススメ【エッセイ】

 

それでも、矯正装置を外したおかげで好きな物が食べられる。なので、食べる楽しみは以前よりは出てきた。

 

今日は「今井のきつねうどん」を買ってきて作って食べた。だしがうまー。 

www.d-imai.co.jp

裏側の歯列矯正とその後の話記事一覧