文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

お礼を言わない男と謝らない女の話【エッセイ】

男性は「ありがとう」を言わない人が多く、女性は「ごめんなさい」を言わない人が多い。

 

男性で「ありがとう」と言わない人が多いのは「やって当たり前」と考えている人が多いからだ。

特に職場や家庭では「ありがとう」を絶対に言わない。

職場では「それは仕事なんだからお前がやって当然なんだよ。なんで仕事なのにお礼を言わないとダメなんだ。」と思っている。

家庭では「それは女の仕事なんだから、奥さんがやって当然なんだよ。やって当然なのになんでお礼を言わないとダメなんだ。」と思っている。

こういう人は出世はするが、部下からは慕われない。そして、奥さんからは最終的に愛想を尽かされる。

 

女性で「ごめんなさい」を言わない人が多いのは「私のせいじゃない」と考えている人が多いからだ。

プライドだけが異常に高い。仕事はある程度できる人が多いが、ある程度に留まる。なぜなら自分の悪いところを認められない人は、進化がないからだ。

常に自分ができることしかしない。その方が謝らなくて済む。できないことに挑戦して失敗すれば謝らないといけないがそれができない。そのため、飛び抜けて仕事ができるまではいかない。優等生タイプに多い。

こういう人は「うっとおしい人」と思われている。うっとおしいので、誰からも意見されることもない。言っても言い訳するか他人のせいにするからだ。最終的に周りからは可哀想な人と思われる。

 

私はこの「お礼を言わない男」と「謝らない女」をたくさん見てきた。どちらにも共通しているのが「正当化意識」が異常に高いということ。

  • 常に自分が正しい
  • 自分は悪くない
  • やってもらって当たり前
  • 誰もが自分には一目置くはずだ

なんて甘い考えを持っている。

 

仕事でも家庭でも人にやってもらったなら、人としてお礼を言うのは当たり前。

自分に非があるなら、人として謝るのは当たり前。

 

でもそれができない人が多いのは、今の日本では「お前は優秀だ。お前は人とは違う。」と親や周りから教え込まれて育っている人がまだまだ多いからだと思う。

人に頭を下げたら負けだと本気で思っている人は、人にお礼を言えなかったり、人に謝れなかったりする。

 

私はこういう人とは表面的な付き合いはするけど、絶対に深く付き合わない。人としてまったく面白くもなんともないから。プライドも高いから何を話してもマウントしてくるし。面倒臭い。

 

私なんて「ありがとう」と「ごめんなさい」はすぐに出てくる。人に何かやってもらったら「ありがとう」と言えば、次の仕事もしやすくなる。自分が間違っているなら「ごめんなさい」と言えば、すぐに次の対応ができる。次に向かってすぐに行動をおこせる。

 

世の中には面倒臭い男と女がまだまだ多いという話でした。

blog.akira-workshop.com