ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

起業したのに集客できないので悩んでいます

起業する人が増えています。それに伴い、起業しても集客できないことで悩んでいる人はどんどん増え続けています。

それなのに、集客のための勉強をする人はほとんどいません。なぜなら地味で面倒臭い作業だからです。

  • どんな人が売れているのか
  • 売れている人のブログやSNSはどんな風に作り込まれているのか
  • 自分の商売での需要は本当にあるのか
  • お客様は何に悩んでいるのか 

これらを時間をかけて調べ、実践し、改善し続けると集客できるようになります。ですが、こんな地味で面倒臭い作業をやる人はほぼいません。そのため、ほとんどの人が集客できずに終わります。

 

起業しようとする人は集客のことまで考えて起業をしていません。資格を取れば勝手にお客様が来ると思っていますが、資格を取ったところでお客様は来ません。手に職をつけたところでお客様は来ません。

実は資格を取るよりも、手に職をつけるよりも、集客のほうが難しいのです。

 

私の経験では、どんなに売れている人でも集客で悩んでいます。起業したてでも、起業して数年が経っていてもどちらも集客の悩みは同じです。起業している限り集客の悩みはついて回ります。

 

「これさえやれば集客できます!」と宣伝している起業塾やコンサルが多いですが、ほぼウソです。騙されて私のところに相談に来る人が多いです。

起業塾や集客の商材を販売しているコンサルなどは、最初から訴訟になることも見込んで弁護士を立てているところが多々あります。なぜなら、それで集客ができるようになると起業塾やコンサル側が思っていないからです。買った側から訴えられることも多いので、それを見越して先に対策を立てているのです。買う側よりも売る側のほうが現実的に先の先まで読んでいます。

 

現実がまったく見れていないのは買う側です。「起業塾に入ったからこれで大丈夫」「集客用の商材を買ったからすぐにでも集客できる」と甘い考えを持っています。ですが、努力も勉強もせずに集客できるようにはなりません。

 

ここまで読んでいただいたあなたは、もうわかっていると思います。今、集客できていないなら集客できるまで、とりあえず色々とやってみるしかありません。

「これさえやれば集客できる」は存在しないのです。そんな小手先のことに目を向けるよりもお客様の悩みを考えて、その情報をどこで発信すると効果的なのかを自分で調べてやってみたほうが早いです。

ダメならまた次を考えてやってみる。それを繰り返していくと時間はかかっても集客できるようになります。結果的に、地道にやったほうが早いです。

 

起業したのに集客できなくて悩んでいるあなた。悩む時間がもったいないので、私に相談してください。相談が終わる頃には「今すぐに取り組むべきことがわかりました!」「今すぐやってみます!」と今やることがわかります。とりあえず今やることを一緒に見つけましょう。

blog.akira-workshop.com