集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ記事はタイトルの付け方で読まれるか読まれないかが決まる

Twitterで見つけたこの記事。ブログ記事のタイトルの付け方に悩んでいる人はぜひ読んで欲しいです。

toyokeizai.net

 

下手にキャッチコピーの勉強をすると、「インパクトがあって目を引くタイトル」を人は付けたがります。壮大なタイトルを付ける人もいます。

 

ですが、壮大なタイトルを付けても誰にも読まれていません。

 

それよりも「記事に書かれていることが具体的にわかるタイトル」を付けたほうが断然読まれます。

 

「女性よ!美しくあれ!」というブログ記事のタイトルがあるとします。

 

読みたいと思う前に「何が書かれているのかわからない。意味不明」となります。そのため、タイトルを読んだ後は記事まで読みません。

 

それよりも「女性は美人のほうがブスよりも7割以上得している理由」と書くと、記事まで読まれます。得している詳しい理由が知りたくなるからです。

 

この記事の中にも書かれていますが「何のために書くのか、誰に読まれたいのか」をまずは考えることです。ほとんどの人はそれを考えずにブログ記事を書いています。

 

読者が求めているモノは、そんなに大袈裟なことではありません。日々の生活の中で困っている「ちょっとしたこと」です。

 

「人の悩みや困っていること」をうまく拾えるようになれば、読まれるタイトルを付けることができます。タイトルを変えるだけでクリックされる率が変わります。

 

タイトルの付け方で悩んでいるあなたは、今すぐに私に相談してください。あなたのブログ記事タイトルを読まれるタイトルに私が変身させますよ。