集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

あなたの手抜き文書が誰かの負担になっている

お客様の文章を手直ししていると「完全に手抜きだな」と思うことがほとんどです。

 

頭で考えることを完全に放棄している場合もあります。「面倒臭いんだから、これぐらいで良いじゃん。」という感じで文章を書いています。

 

あなたが何も考えずに手抜きで書いた文章は、その後どこかの誰かが読んだり、それを元に仕事をする人がいます。手抜きの文章からは、何が書いているのかを読み取れません。

 

結局、あなた以外の「誰か」が必死に頭を使って、あなたの文章を解読するハメになるのです。

 

あなたの手抜きが完全に誰かの負担になっています。その結果、あなたはますます頭を使わなくなり「誰か」はますます頭を使います。そして、あなたは完全にバカになるのです。

 

私はこういう人を腐るほど見てきました。自分の頭で考えない人がめちゃくちゃ多いです。そしてそれを悪いことだとも思っていません。

 

「適当に書いても伝わってるんだからいいじゃん。」と本人は思っていますが、周りは迷惑しています。そして「あの人は仕事ができない人」と周りから思われていても、本人は気づきません。完全に裸の王様です。

 

組織の仕事ならフォローしてくれる人もいますが、個人起業の場合は、誰もフォローしてくれません。あなたの書いた文章が手抜きだとお客様は読みません。講座やセミナーを開催しても、誰にも伝わりません。

 

あなたの頭を使わない代わりに、お客様に頭を使わせようとしても無駄です。お客様はそんな面倒臭いことにお金は払わないからです。

 

まずはあなたの頭を使うクセをつけましょう。文章を書いた後で

  • 本当にこの内容で伝わるのか?
  • わかりにくい言い回しはないのか?

を考えながら読み返してください。

 

自分に甘すぎる人が多いので、自分の書いた文章をそのままにしている人が大多数ですが、それではこの先も成長はありません。

 

結果を出している人は、自分の頭を使って考えています。やってみてダメなら次へ。次もダメならその次へ。その間ずっと自分の頭を使って考え続けています。

 

考えない人と考え続けている人。それが5年も続けば完全に追いつけないほどの差が出ています。せっかく頭があるのだから有効活用しましょう。それだけでこの先の結果が変わってきますよ。

blog.akira-workshop.com