文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

1年前から秋山さんのストアカの講座を観察していました

「実は、秋山さんがストアカを始めた1年前から秋山さんの講座を観察していました」とお客様に告白されました。1年観察して、受講してくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

なぜ観察していたのかというと、私の講座の価格が他の講座の価格よりも高いからです。そのお客様もストアカで講師をやっているのですが、価格設定が低いためにストアカで教えることに疲弊していました。安い講座なのに手を抜かずに生徒さんに教えている先生なら疲弊して当然です。

そんな中、最初に設定した3,000円を一度も値下げせずに講座を開催している私のことが気になったようです。他よりも高い私の講座がどうなっていくのかをずっと見守り続けてくれていたのです。

 

ストアカでは一時、500円の格安の講座が蔓延していました。500円で講座をやっても講師に入るのは350円です。なぜそんなに安い価格で講座を提供するのかというと「プラチナバッジ」が欲しいからです。さすがにストアカ側も悪質と判断し、500円の講座はなくなりました。

ですが今は、最低価格の1,000円の講座が蔓延しています。1,000円だと700円しか講師には入ってきません。それでも「プラチナバッジ」欲しさにほとんどの方が1,000円で講座を開催しています。

 

なぜ講師は「プラチナバッジ」が欲しいのかというと、信用が手に入るからです。「プラチナバッジ」をいち早く手に入れて「私は1ヶ月という最短でプラチナバッチを手に入れました!」と教室と講座ページに書いて集客するためだけにやっています。

 

ですが実際は、「プラチナバッジ」を手に入れても儲かっていない方がほとんどです。最低価格の1,000円の講座は集客のためにやめられない。だけど、値段の高い講座もプラチナになったのでやりたい。

今までは適当に講座案内ページを書いても集客できていたのが、値段を上げた講座には、今までのような書き方では生徒さんは入りません。そこで悩みます。

 

そんな中、私の講座は「3,000円で受講できるのは一度だけ」と明記しています。講座のリピートはすべてお断りしています。2講座のどちらを受講しても、他方の講座は受講できないようにしています。引き続き本気で私に相談したい方には「個別相談」に進んでもらうようにしています。

 

私は価格設定は変えずに講座内容と教室ページの書き方を変更し続けることで、地道に集客できています。私は3,000円の値段以上の価値を講座の中で提供しています。そのため安くしなくてもお客様が入ってきます。

 

相談してくれたお客様もストアカの講座と教室ページを書き換えて、価格設定を上げることになりました。その方が結果的に疲弊せずに長く講師を続けることができます。私が成功しているので、実績と経験がある方なら誰でも同じように成功します。

 

ストアカでの価格設定に悩んでいる方はぜひご相談ください。安すぎても疲れるだけです。あなたのストアカの講座と教室ページを一緒に見直しましょう!

blog.akira-workshop.com