文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

英会話を教えるよりも英語力を活かせる仕事に切り替えよう

英会話講師や英会話コーチの方から集客の相談を受けます。ですが今はコロナの影響で英会話の必要性がなくなっています。英会話だけを仕事にしようとすると需要があまりありません。

  • 海外旅行にも行けない
  • インバウンド需要も見込めない
  • 海外への出張や転勤もない

そのため、今すぐ英語を使う必要がなくなったのです。

 

ということで、英語が得意なら日本の製品を海外に売り込むサポートをすればいいのでは?と思います。

 

実際、海外で日本製品は人気です。需要がかなりあります。私がホームページを作った奈良の農園は無農薬の日本茶を作っていて、海外の方に売れています。

農園の方は英語がまったくできません。そのため、私の友人がホームページの翻訳をし、海外とのやり取りなど、英語が必要な部分のみを引き受けていました。

 

そして今もその友人の依頼で、日本の陶器を海外に売り込むためのホームページを作っています。

 

海外に自社の製品を売りたい。けど、英語ができない。誰か代わりにやってくれるなら頼みたい。そう悩んでいる会社や個人事業主はめちゃくちゃ多いです。

 

そこに需要があります。

 

とりあえずeBayやAmazonGlobalなどを使って自分で日本の商品を売ってみて、どの製品に需要があるのかを探ることも重要です。ダイソーの百均グッズを山のように買っている海外旅行者を昨年まではよく見かけました。それらを売ってみるのもアリです。日本のオーガニック製品は人気があるため、無農薬のお茶が海外の方に売れたのです。

motoki-channel.com

sekai-e.com

 

需要がありそうなら、「海外に販売してみませんか?」と自分からその会社に売り込んでみることもできます。もしくは代行販売をさせてもらってもいいと思います。

 

とにかくやってみないことには結果は出ません。英会話を教えたい気持ちはわかりますが、今は時期的にも難しいです。それならあなたの英語力を活かして今できることを考えましょう。

あなただけでは何も思い付かないなら私が一緒に考えます。ぜひご相談ください。

blog.akira-workshop.com