男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

天然パーマとストレートどっちが良いのか問題は髪質の永遠のテーマの話【エッセイ】

「秋山さんって髪の毛ストレートだよね」とたまに人から言われる。実は私はめちゃくちゃ天然パーマ(クセ毛)なのだ。美容師さんから「こんなにクセ毛なのに、よくここまで自分で抑えられてるね」と褒められることも多い。私の努力の賜物だ。

 

天然パーマの人は「ストレートヘアがうらやましい!」と言い、ストレートヘアの人は「天然パーマの人がうらやましい!」と言う。

 

じゃあ、どっちが良いのかと言えば「どっちもよくない」が正解ではなかろうか。

 

天然パーマの天パぶりは本当に悲惨なのだ。一旦クセがついたらその日はもう終わり。クセが元に戻ることはない。髪の毛を全部濡らしてドライヤーで乾かさない限り、クセが取れることはない。

雨の日なんてマジで地獄だ。髪の毛が2倍ほどに膨れあがる。そして髪の毛はクルクルしだし、ウネウネしだし、巨大なキノコマーブルヘアになる。

 

ストレートはストレートで悩みが深い。本当のストレートは何をやってもストレート以外の髪型にはならない。もちろんパーマもあたらない。パーマをあててもすぐにストレートに戻るのだ。ふわっとスタイルにしたいと思っても、まったくふわっとしてくれない。ピタッとペシャっとしかならない。

 

どっちが良いのかと言えば「どっちも嫌」と言わざるを得ないだろう。

 

最近加齢と共にに私の髪の天パぶりが勢いを増している。髪が以前に比べて細くなってきているので、天パが私のテクニックだけでは抑えられなくなっている。うねり放題だ。

そのため伸びかけの私の髪のお陰で「四角いヘルメットを被ったおばさん」に見える。悲惨だ。

 

たまに髪を全部剃って「坊主頭」にする女性がいるけど、あの人たちの気持ちがめちゃくちゃ良くわかる。私も最近「坊主頭」にしたいと思うことがある。今のところしないけど。

 

ということで、最近の私は「どんな髪型にすればクセが目立たないのか」を日々考え続けている。どこかに天パに強い美容師さんいないかなー。

blog.akira-workshop.com