ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

SNSに疲れた人は一旦やめてみるとSNSをやらなくても困らないことに気付く

ブログ集客のサポートを仕事にしてから、そこまでSNS集客について質問されることは無くなりました。ですが、お客様はSNSをやっている人も多いのでたまに相談されます。そういう時は大抵「更新するのが苦痛です」と相談されます。

 

私の記事でも書きましたがSNSに疲れている人はとても多いです。

blog.akira-workshop.com

「インスタやりたくない」について書いた記事はGoogleから検索され、よくクリックされています。

blog.akira-workshop.com

 

SNSに疲れる主な原因は

  • その時の出来事を楽しめていない
  • ほとんどの時間をスマホに占領されている
  • 人と比較して落ち込む
  • いいねやスキをもらうことに疲れる

です。

 

特にインスタグラムをやっている人に多いのが、写真を撮ることばかりに意識がいっていることです。そのため、「楽しいぜー!」という感じで投稿していますが、実は写真のアングルが気になり何度も撮り直しています。キレイに撮れないと誰も「いいね」や「スキ」をしてくれないからです。結局、その場をまったく楽しめないまま終わります。

必死になって毎日SNSをやっていると、まわりにいる家族や友達からも嫌がられています。あなたに話しかけてもSNSに必死なので返事をしないからです。

 

YouTubeで「SNSをやめた」動画が結構アップされています。それを観ていると、SNSをやめた人はかなりスッキリした表情になっています。「やめてみて良かった」と言っています。

 

やめるまではいかなくてもフォローを外すだけでかなり気持ちが楽になるようです。結局は他人の投稿を見て落ち込むことが多いからです。なので、フォローを外すだけで他人と比較することがなくなります。私もTwitterをやっていましたが、人のツイートを見て落ち込んでいました。そのためTwitterをやめたのですが、まったく困りませんでした。

 

実際、SNSをやらなくても誰も困りません。更新していないと「私が更新しないとみんな気にするだろうな」という気持ちが出てきます。ですが、あなただけをフォローしている訳ではないので、気になりません。「最近更新してないな。やめたのかな。」と思われるぐらいです。

 

SNSに疲れているなら、とりあえず1ヶ月でもやめてみてください。それで困らないならやらなくても大丈夫です。それでもやりたいなら、誰もフォローせずに再開してみてください。きっと前よりは楽にSNSと付き合えるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com