ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

プロフィール写真はプロのカメラマンに撮影してもらった方がいいですか?

「ブログに載せる写真はプロのカメラマンに撮ってもらった方がいいですか?」と相談されることがあります。私の回答は「絶対に撮ってもらった方がいい」です。

プロのカメラマンにどうやって撮影をお願いするのかを聞かれますが、私は「ミツモア」で依頼しました。

meetsmore.com

 

色々なプロの方や会社が登録していて、見積もりを出してくれます。プロのカメラマンの方もたくさん登録しています。私もミツモアでプロフィール写真の見積もりを依頼し、6人から見積もりが送られてきました。

 

プロに撮ってもらった方が断然キレイに仕上がります。実際、プロが撮影しても、そのままの写真はかなりブサイクです。「こんなブサイクな写真をどうやってキレイにするんだろう?」と思いますが、プロの画像補正技術で信じられないぐらい補正されキレイになります。

 

私も撮影して補正してもらった画像をずっと使い回しています。私はブログにペタペタと自分の写真を貼る習性はないので、プロフィールと相談案内ページにのみ貼っています。どんな顔かわかる写真が1枚でもあると十分です。お客様が安心します。

 

自撮りしている写真や証明写真をプロフィールに貼り付けている方がいます。ハッキリ言うと見苦しいです。「本気でやる気あるのかな?」と思える時もあります。

 

写真は2〜3枚ぐらいあれば十分です。それなら1万円ぐらいで撮影してもらえます。自撮りや証明写真よりも、1万円でずっと使えるキレイな写真をプロに撮ってもらってください。

blog.akira-workshop.com