ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

相続で揉めるのはお金と土地という話【エッセイ】

まだ若い人はピンとこないだろうが、相続は必ず揉める。誰にでもおとずれる相続問題である。

相続した直後は揉めなくても、年月が経てば何かしらの揉めごとが必ず起こる。

兄弟姉妹で揉めなくても、そこに親族が入り込んでくる。大した額でも大した土地でなくても、何かしらは必ず揉める。

なので例え親族であってもお金の貸し借りや土地の貸し借りはしてはいけない。それが必ず相続で揉める元になるから。

 

あなたは「ここに住みたい」と思って買った土地であっても、あなたの子供さんがその土地に住み続けるとは限らない。というか住まない確率の方が高い。

 

誰も住まなくなった土地付きの家ほど厄介なモノはない。デカすぎるお荷物になるのだ。私のように運良くコインパーキングにできればラッキーだが、ほとんどの土地ではコインパーキングにすらできない。条件が良くない土地の方が多いのだ。

blog.akira-workshop.com

 

どんなに小さい家でも取り壊すのに数百万円はかかる上に、更地にした土地には家があった時の2倍の固定資産税がかかってくる。あなたの土地はただの金食い虫となる。

 

私も両親が亡くなって相続で大変な思いをしたけど、今でも相続問題で悩まされる。よくわからない親族の土地が他県にあり、その人が亡くなると、そこの市役所から呼び出しがかかることもある。「知らねーし」と言いたくなるが、言っても市役所には通じない。 家と土地って本当に相続したくないよね。

blog.akira-workshop.com