ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

企業でのセクハラは即刻クビになるけどパワハラは許される話

外資系企業で16年間働いていたが、パワハラ、セクハラともに多かった。外資といえどもセクハラは全然ある。昔に比べるとかなり減ったけど。

 

セクハラは問題が表に出るまでに時間がかかる。セクハラしてる人は大抵、上のクラスの人が多い。マネージャーだったり、それ以上の役員クラスの人もいる。

そういう人はセクハラをするのが上手い!声をあげにくい業務委託や派遣社員を狙ってセクハラを開始する。でもそのうち調子に乗り始めて社員にセクハラしたりするのだ。 それで社員が「あの人にセクハラされました」と人事にチクる。そうすると人事が調査を開始して、業務委託と派遣社員にセクハラしていたことがバレる。そして即刻クビになる。というパターンもある。

 

今ではセクハラが人事に報告されれば即刻クビになる。なので、男女ともにセクハラと言われないように注意している。

 

それとは反対でパワハラはほぼ問題にされない。問題にされるパターンは決まっている。入社して1年か2年ほどの新入社員が上司にパワハラされた場合だ。この場合、新入社員がギャーギャー騒ぎ出しておおごとになる。新入社員にパワハラすると、会社の評判が落ち、ブラック企業とされ次の新人採用に響く。なので、パワハラした上司がクビになることがある。

 

それとは逆で古株の社員が上司にパワハラされていても、会社としてはまったく問題にしない。というか逆に「こんなことで騒いだら、あなた自身も危ないですよ。」という感じで人事に脅される場合もある。

パワハラダイヤルに電話しても全然取り合ってもらえない。一応、人事も調査はするがそれはあくまで形だけ。

結局は、パワハラされたほうが会社にいずらくなって辞めていくことが多い。

 

私も上司からパワハラ受けたことがあるけど、私の場合は人事言わずにその上司の上司に報告する。その後は、自分の上司と直接対決をしていた。それが一番早い。

 

色んな同僚からパワハラの相談を受けたけど「人事に言っても、役員クラスに告げ口してもどうにもならないよ。残念だけど。」と正直に言ってあげていた。本当のことだから。

その後、数人は人事に報告していたが、結局パワハラした上司にお咎めがあったことはほぼない。パワハラなんて企業は問題にしていない。パワハラされた人が死ぬまで追い詰められないと問題にされないのだ。

 

セクハラもパワハラも企業のイメージに傷かつくかどうかで、対処の仕方が違ってくる。女性社員へのセクハラや新人へのパワハラは確実に企業イメージを損なう。

けど、古株の社員がどうなろうと企業イメージに傷は付かない。だから問題視されない。この問題根深いなといつも思う。

blog.akira-workshop.com