ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

書いた文章を添削して欲しくても誰に頼めば良いのかがわからない

先日、ご相談に来てくれた男性のお客様が「ブログ記事を書きました!」とご報告してくれました。嬉しい限りです!「悪い箇所があれば教えて欲しい」とのことだったので、少しだけアドバイスさせていただきました。

「自分の書いた文章のどこが悪いのかを教えて欲しい」と誰もが思っていますが、誰に頼めば良いのかがわからないので、悩んでいます。私のお客様でもほとんどの方が文章の書き方で悩んでいます。

 

そんな時は私に文章の添削を頼んでください。私は文章校正を25年もやっています。変態的に得意です。

blog.akira-workshop.com

 

私も企業で働いている時、同じチームの男性に私の書いた文章の文字校正を頼んでいました。自分で書いた文章を何度読んでも、なかなか間違いやおかしな点は見つけられません。書いた直後は客観的に読めないからです。そんな時は、自分以外の人に文章を添削してもらったり、文字校正をしてもらうと良いです。

 

今は自分で間違いや修正箇所を見つけるしかないので、書いた後、1週間や1ヶ月後に読み返して書き直しています。時間が経つと自分で書いた文章でも客観的に読めるようになります。 

 

実は一から自分で考えて文章を書くよりも、人の書いた文章を手直しする方が楽なんです。その上、他人が書いた文章を添削すると読解力と文章力も上がります。

blog.akira-workshop.com

 

自分で書いた文章のどこを変えれば読まれる文章やわかりやすい文章になるのかがわからない方は、いつでもご相談ください。私があなたの書いた文章をわかりやすくて読まれる文章に変身させますよ。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com