ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

文章を書いても伝わらないのは友達に話す感覚で書いているから

女性が書いたブログを読んでいると、友達にしゃべっている内容をそのまんま文章にしている人が多いです。

「このペンはすごく使いやすいよ!」と、あなたが友達に話したとします。その友達は「この子が言ってるんだから、きっと使いやすいんだろう」と思うでしょう。

それは、日頃から信頼関係ができている状態で話をしているため、細かい内容を説明しなくても信用してもらえるのです。

 

それをブログ上でやろうとしてる人が多すぎます。まず、人はどこの誰だかわからない人の話を信用しません。「このペンはスゴく使いやすいんです!」と、どれだけあなたがその商品を大絶賛したブログ記事を書いたところで、誰にも信用してもらえません。なぜなら、ほとんどのブログ読者はあなたを知らないからです。

信頼関係でできていない状態で「これは良い!」とだけ言っても、伝わらないのは当たり前です。

 

まず、あなたには信用がありません。

ブログやSNS上であなたの商品を信用してもらいたいなら、

  • 具体的に何が良いのか
  • どういう人が使っているのか
  • 使った後にどういう効果があるのか

を書かないとブログ記事を読んでさえもらえません。

 

ただただ「これが最高!」と書いても、何が良いのかが読み手には伝わりません。

 

ほとんどの人は「私が良いって言ってるんだから、良いに決まってるじゃん。」という上から目線のブログ記事を書いています。そのため、読み手からすると「どこが良いのかは自分で考えてね」と言われている気持ちになります。そんなブログは読みたくないですし、二度とその人のブログには訪れません。

 

本当にあなたの商品が良いなら、その良さが相手にわかるように言葉で説明してみましょう。言葉で説明できれば、文章でも書けるようになります。それを面倒だと感じて「手抜き」していると、結局はその手抜きが自分の首を絞めます。

 

お客様は友達ではありません。なんとなくでは伝わりません。曖昧に書けば書くほど知識のない人だと思われます。知識がないということはお客様からプロだとは思われません。プロではない人にお金を払いたくなりません。

 

文章の上手い下手は関係ありません。語彙力も必要ありません。文章が下手でもわかりやすく書けていれば、必ず読み手に伝わります。一番ダメなのは面倒臭いと思って「手抜き」をすることです。読み手にわかってもらえる文章を書きましょう。小学生レベルの語彙力で十分伝わりますよ。

blog.akira-workshop.com