集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

実は男性のほうが情緒不安定な人が多い

女性は情緒不安定と思われがちですが、私が観察した中では確実に男性のほうが情緒不安定な人が多いです。

 

情緒不安定な男性はプライドが極端に高い人が多く、

  • 仕事ができる
  • いざという時に頼りになる

と、まわりの人間に思わせています。そう見せかけないと自分を保っていられないのです。

 

ですがそれは、自分の情緒不安定さを隠すための見せかけの人格です。そのため、やたらに声が大きく、すぐに不機嫌になります。

 

そして、「何でも相談に乗る」と言いながら、相談に乗っている途中から不機嫌になり出します。的確なアドバイスが思い付かないからです。

 

最終的には、同性である男性からも信用されなくなります。

 

例えば、前の職場では私のチームは3人いて、二人が男、一人が女(私)でした。

  • 男性A
  • 男性B
  • 女性(私)

男性Aは社歴が一番長いのですが仕事ができない上に嘘つきなので、同性である男性からは嫌われていました。

 

男性Bは「俺は仕事ができるし頼りになる」風を装っていたので、男性からダントツで信頼されていました。

 

女性である私は、男性から見ると「女である」という理由だけで最初はまったく信用されません。

 

しかし、男性Bと他の男性社員が一緒に仕事をし始めると、ただプライドが高いだけの面倒臭い男である上に、情緒不安定であることがバレました。バレた時点で信用を無くします。

 

そうすると、仕事ができて確実に情緒が安定している私に仕事を依頼するようになります。最終的に全員が「秋山さんと仕事がしたい」と言い出し、私の取り合いになりました。

 

男性だから男性と仕事がしたい訳ではないのです。男性だって、情緒が安定していて何でも話せる人と仕事がしたいのです。それが例え女性であっても男性は気にしません。仕事ができて情緒が安定していれば女性であることは不利にはならないのです。

 

男性A、男性Bともにかなり情緒不安定な人たちでした。そんな男性二人と16年もの間、同じチームで仕事をし続けた私の安定感は半端ないと自分でも思います。

 

男性の情緒不安定さに悩まされている男性の方。いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com