ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

マーケティング用語をやたらと使う男性ほど実際は何も知らない

相談に来るお客様でもマーケティング用語を多用する人がいます。女性にもいますが、男性のほうがマーケティング用語で相談してきます。そしてやたらと「戦略」と「戦術」という言葉を使いたがります。ですが、マーケティング用語を知っている割に実際は何も知りません。

 

マーケティング用語は無料のセミナーや格安の講座から得た知識です。その用語を使って話してきますが、このタイプの男性は自分の手を動かしていません。そのため頭デッカチなだけで、自分の手を動かして得た知識はゼロです。

 

ブログにはSEO対策もしていませんし、アナリティクスやサーチコンソールの話をしても通じません。マーケティング用語を知っているだけで、実践でどう使うのをわかっていません。マーケティングを知っているということを、自慢したいだけです。

 

実際に自分の手を動かしている人はマーケティング用語は知らなくても、自分の頭で考え実践している経験があります。マーケティングの知識はなくても自分で得た知識を持っています。

 

どちらのほうがブログからの集客に成功するかというと、マーケティング用語を知らなくても自分の手と頭を動かしている人です。マーケティング用語は知らなくてもまったく問題ありません。

 

「マーケティングの勉強をしたほうがいいですか?」と、お客様に質問されることもありますが「必要ないですよ」と答えています。それよりも、どういう記事を書けば反応が上がるのかを、どんどん試すほうがマーケティング力が付きます。マーケティングについて、私がまとめて記事があるので、マーケティングを知りたい人はぜひ一度読んで見てください。

akira-workshop.com

 

マーケティング用語を今から勉強しようとしている人は、勉強する前に私に相談してください。実践的なマーケティング力の付け方を教えます。実践的なマーケティング力が付くと、マーケティング用語は知らなくても、集客できるようになります。頭デッカチになる前に、ぜひ相談してください。

blog.akira-workshop.com