ブログやホームページなどの文章の添削、構成、再構築をして、ブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策を男性専門で教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

男性のためのブログ集客相談と人生相談。集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。男性である、あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別相談を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

ありがとうを言わない女よりありがとうをわざと言わない男の方が多い【エッセイ】

「ありがとうを言わない女」で私のブログがGoogleで検索されクリックされている。実際の記事は「お礼を言わない男と謝らない女の話」を書いている。

blog.akira-workshop.com

 

私の印象では女性は「ごめんなさい」と謝らない人が多い。でも「ありがとう」を言わない人はそんなにいないと思っていた。でも検索されてるってことは、結構多いのかもね。

 

私的には圧倒的に男性の方が「ありがとう」と「ごめんなさい」の両方を言わない人が多いと思う。実際に「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わないと公言している男性に「なぜ言わないのか」を聞いたことがある。その回答は「相手に負けた気持ちになるから」だった。

 

いかにもプライドが高い男性が言いそうな回答だと思う。なぜお礼を言うことが相手に負けたことになるのかがわからない。こういう男の人ってプライドだけが高くて中身が空っぽの人が多い。自分には何もないとわかっているけど、それを相手に悟られたくない。そのためにわざと「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わないようにして、相手に「俺はお前よりも上だから、お礼なんてお前に言う必要はない」と暗黙の了解でわかってもらおうとしている。アホなのか。

 

つくづく男性って面倒臭い人がまだまだ多いと思う。ここまで重症な人は50代以上の男性に多い。さすがに30代の男性でこれをやている人はいないと思う。パワハラかセクハラで訴えられそう。

 

女性の場合はとにかく謝らない人が多い。「私は悪くない!」という気持ちが強すぎるのだ。謝れよと思うけど、「〇〇さんに言われたから、それをやっただけ!」と言い訳してくる人も多い。

「でもここにあなたの名前が書いていますよね。これはあなたが書いていないということですか?じゃあ一体誰が書いたんでしょうね。」と言うと、渋々「私が書きました。ごめんなさい。」と謝ってくる。早く言えよ。ネタは上がってるんだよ。

 

結局、男女ともに無駄にプライドが高い人が「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない。なんの役にも立たないプライドを持っていたところで、本当に無駄だ。ゴミみたいなプライドよりも他に大事なものがあるだろう。ないのか?何も?

 

あなたが「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない男女に出会ったら、中身が何もない空っぽの人だと思ってあげてください。相手が気の毒に思えて優しくしたくなるかもしれません。

blog.akira-workshop.com