ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

私生活では女性、仕事では男性としか関わりたくない理由

私生活で友達になるなら断然女性だ。ややこしくて面倒臭い女性も多いが、私が仲良くなる女性はサッパリした性格が多い。そのため、気を使わずに話ができる。それに比べて男性はとにかく面倒臭い人が多い。困った時に泣きついてくるのも男性だ。泣きついてきた挙句、逆ギレする男性もいる。そのため、私生活では男性と関わりたくないとさえ思っている。

 

でも、仕事では男性がいい。なぜなら今まで私は男性としか仕事をしたことがない。そのため、男性の扱いには慣れている。キレる男性や怒鳴る男性、嫌がらせをする男性も多いが、何とか今まで切り抜けているので、多少のことなら大丈夫だという自信がある。

 

仕事上での男性の良いところは、どんなに私のことが嫌いでも「仕事上で役に立つ」と思えば態度が変わるところだ。今までどれだけの男性に態度を変えられたかわからない。とにかく最初、男性は態度が悪い。自分は仕事ができると思っているため、私を下に見ている人がほとんど。でも、私が仕事で使えるとわかるとコロッと態度を変える。この辺り、男性はわかりやすくていい。 

 

少人数ながら女性とも仕事をしたことがあるが、すべての言葉には裏があると思ってもいい女性もいる。重要なことをワザと教えない女性だっている。急に無視しだしたり、裏から手を回して私を会社から追い出そうとした女性だっている。何が気に入らないのかわからないのが女性だ。こういう女性は男性のように態度を変えることは絶対にない。女性は女性に厳しい上に、仕事ではライバル心むき出しの人もいる。相手にしないけど。

 

女性の怖いところは本音と建前があるところだ。本音では「ムカつく」と思っていても「ありがとうございました」と建前では言ってくる。ストアカのレビューでも平気で低い点数を付けてくる女性が今まで数名いた。こういう女性とは仕事では絶対に関わりたくない。

 

今の私のお客様は幸にして女性でも男性でも性格が良く素直な人が多い。上記の様に、たまに変な女性のお客様もいるけど、今年に入ってからはそんな人は来ていない。これってやっぱり文章の書き方が関係しているんだと思う。

今年に入ってから文章の書き方と書く内容を変えてみたら、来るお客様の質が明らかに変わった。やっぱり書き方や書く内容って大事だなとシミジミと最近思う。

 

あなたに合っていないお客様ばかり来る場合は、結局はあなたが発信してる内容がそういう人を呼び寄せている。絶対そうだ。一度、書き方や書く内容変えてみて欲しい。絶対に来る人が変わるから。

blog.akira-workshop.com