ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

私へのメールに「お世話になります」と書かないていい

お客様からメールやメッセージで質問や感想をもらうことが多々ありますが、その際「秋山様 いつもお世話になっております」と書く人が一定数でいます。

これ、私には不要ですよ。「秋山さん、こんにちは」とは「アキラさん、こんばんは」とかで全然オッケーです。

 

丁寧に書いてくれるのはありがたいのですが、こちらもどういう態度を取ればいいのかわからなくなります。

デザインの仕事では企業がクライアントの場合があるので「いつもお世話になっております」と私も書きます。ですが、個別相談の際は「相談に乗っている」という気持ちなので、お世話されてお世話している感じがないです。

 

ブログの書き方や集客方法を教えているといっても、私がヒントやアドバイスを出しているだけで、実際に手を動かしているのはお客様です。そして、お客様から教えられることもたくさんあります。なので「秋山様」と丁寧に様付けで書いてくれなくて全然問題ありません。「秋山さん」「アキラさん」でいいです。お好きに呼んでください。

 

この「アキラ」という名前はかなり評判が良いです。男女問わず呼びやすいみたいなのでお気軽に「アキラさん」と呼んでください。小林旭じゃないよ。

blog.akira-workshop.com