ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

本当はSNSが大嫌いで誰とも絡みたくないんです!

「本当はSNSが大嫌いで、いいねとかコメントもして欲しくないです。誰とも絡みたくないですし、私のことは放っておいて欲しいんです!」とお客様から相談されました。

私もまったく同意見です。だから私はSNSをやっていません。実はfacebookのアカウントも最近削除しました。

 

「嫌いだけどやらないといけないのはわかっているので、嫌いだけど頑張りたい」ということでしたが、大前提としてやる必要はありません。誰も強要していないからです。イヤイヤやっているインスタグラムを見ても楽しくないですし、誰の目に止まることもありません。

 

楽しくない理由の一つとして、「いいね」「コメント」「フォロー」をしないといけないという義務感です。SNSはブログとは違ってコミュニケーションツールの一つです。そのため、「いいね」や「コメント」をされたり、したりすることに疲れていきます。

次に、何をアップしても反応がないことです。何をアップすればいいのかも、あなた自身がわかっていないので余計に嫌いになっているのです。

 

別に「いいね」も「コメント」も「フォロー」もする必要はないです。そんな時間があるなら、売れている人のインスタの投稿を研究してください。同業者で人気のインスタは、あなたのインスタと何が違うのかも比べてみましょう。

 

そして、インスタもタグで検索され、人の目に止まり、タップされるかどうかです。ブログとその辺りは同じです。何も考えずにタグ付けをし、画像を作ったところでタップされることはないのです。

そのタグで検索した人が何を求めて検索しているのかを考えてない人が多すぎです。画像も何の画像なのかが見てもまったくわかりません。

 

インスタは「いいね」「コメント」「フォロー」をしないと集客できないという思い込みをまずは捨ててください。まったく誰もフォローしない状態で10〜20ぐらい画像を投稿してみて、どれが反応が上がるのかを分析してください。

  • どのタグを付ければ反応が上がるのか
  • 画像だけの方が反応が上がるのか
  • 文字だけの画像の方が反応が上がるのか
  • 画像に文字を入れた方が反応が上がるのか
  • お客様と一緒に写っている画像の方が反応が上がるのか
  • 商品だけの画像の方が反応が上がるのか
  • 自分の趣味の画像の方が反応が上がるのか

分析することは山のようにあります。それをほとんどの人はやっていません。これをやるだけで他の人と差がつきます。

そして何より、分析した結果を反映させた画像をアップし、予想通りの反応が取れると楽しくなっていきます。楽しいのでやる気も出てきます。

 

SNSが嫌いな人は、SNS上で知らない人とコミュニケーションを取ることが苦手なので、SNSが嫌いなのです。それをやめて分析することに労力を使えば、苦手なことはやらずに済みます。考え方を切り替えてSNSと付き合ってください。

そして何よりも嫌いなら無理してやらなくてもいい、ということを覚えておいてください。

blog.akira-workshop.com