集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

自分が売りたい理由よりお客様が買いたい理由を考えよう

売れているお客様の話を聞いていると、ご自分のお客様の話をよく聞いています。そのため、お客様から「あれやってほしい」という要望に応じて、商品やメニューを作っています。

 

逆に売れていない人は「これを売ると生活が安定するから」「私がこれをやりたいから」と自分が売りたい理由ばかりを話します。

 

自分の売りたい理由ばかりを考える人は、「需要があるから供給がある」ということを忘れています。需要がなければどんなに良い商品でも買ってくれる人はいません。

 

「どんな売り方をすれば買ってくれるのか?」を考えるのではなく、「お客様に欲しいと言ってもらうには、どうすればいいのか?」を考えてください。

 

お客様に欲しいと言ってもらうには、お客様が欲しいものを売るしかありません。そこにしかあなたが売れる要素はないのです。

 

どんなに良いコンセプトを考えたところで、お客様が欲しくなければ使い道もありません。どんなに高額な商品を作ったところで、誰も買ってくれなければ生活は安定しません。まずはそこを理解しましょう。

 

自分が売りたい理由を考えるのはひとまずやめましょう。お客様の悩みを考えて、どんなモノならお客様に買いたいと言ってもらえるのかを真剣に考えてください。自分が売りたい理由にこだわっている内は、誰にも買ってもらえません。

 

お客様が買いたい理由がわからない人は私に相談してください。あなただからお客様が買いたい理由を一緒に探しましょう。

blog.akira-workshop.com