ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

氷川きよしって何気にスゴいと思う話【エッセイ】

最近、昔のテレビドラマを観ていると違和感がある。それは男性の服装。髪は短髪、スーツとネクタイ。もしくはポロシャツにバンツ。どんなに時代は変わっても男性の服装はあまり変化がない。そのことに最近、違和感を感じるようになった。

 

そんなことを考えていたら、不意に氷川きよしが浮かんできた。氷川きよしって最近性別がよくわからない服装をしてるけど、あれって最初はかなり勇気がいっただろうと思う。

 

女性が男性の服装をしていても何か言われることはほとんどなくなってきた。でも、男性は違う。メイクしてスカート履いたりすると、やはりまだ好奇の目で見られる。ゲイなのかゲイじゃないのか、そっちの話に持っていかれがちだし。

 

そんな中、氷川きよしは自分の好きな服を着てるしメイクもしてる。あれってマジで画期的だし、あれだけの有名人が率先してやってくれれば、一般人もかなりやりやすくなるんじゃないだろうか。それでも勇気がいるけど。

 

男性って昔からホントに服装に変化がない。男性も女性ぐらい服装に選択肢があれば、女性はもっと男性に話しかけやすくなると思う。男性も男性らしくあろうと無理する必要もなくなってくるんじゃないだろうか。その結果、男女の距離が縮まって婚姻率も上がるかも。まあ、彼氏が急にスカート履いてきたらビックリはするけど。それはそれでアリと思いたい。

blog.akira-workshop.com