男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

男尊女卑が男性の負担にもなっている話

たまに男性が無差別殺人を起こすけど、あれって元を辿れば男尊女卑に行き着くんじゃないかと思う。男性と女性がいると、男性のほうが優れていると今の世の中ではまだ考えられている。これって一見すると女性に不利な話なんだけど、見方を変えると実は男性にものすごいプレッシャーを与えていることにもなる。

 

男性に生まれたというだけで「人として優れている」という考えの元に育てられる。まあ、今の社会のシステムがそうできているから、仕方ないんだけど。本人が望む望まないは関係なく「男なら仕事ができて当たり前」とか「男はしっかりしていなければならない」など、「男なら」というのが付いて回る。

 

そこで少しでも落ちこぼれようものなら「アイツは男のクセにダメなやつだ」と周りから思われる。そして、そんな環境で育っているから本人も「俺は男なのにどうしてダメなんだ」と自分自身を追い込む人もいる。結果、ニートになったり、親や家族、奥さんや彼女に暴力を振るったりする。

 

「自分は男なのにダメ」と思い込んでいると、「女性は楽でいい」と勘違いするヤローもいる。その怒りが自分より弱い子供や女性に向かい、結果として子供や女性が被害の対象となる。

 

女性になったことない男性には一生かけても分からんだろうけど、女性は女性で大変なんですよ。社会に出るまではそのことに女性も気付いてないんだけど、社会に出ると女性はモノとして扱われることが多いのよ。どんなに仕事ができても男性より認められないし、子供を産んだら産んだで一旦仕事から離れないといけなくなる。「女のクセに生意気だ」なんて死ぬほど言われる訳ですよ。結婚して出産した女性が出世できるのは、会社の宣伝になるからであって、実力で認められてない部分もある。シングルマザーや本当のシングル女子なんて、どんなに仕事ができたところで利用価値ないから、男性社会の中では見向きもされない。

 

でも、女性の楽なところは最初から期待されていないことだと思う。期待されていないから、色んなことにチャレンジしやすいし、すごい成果を上げると「女なのにすごいね!」と褒められることもある。

 

これが男性だとそうはいかない。できて当たり前と思われているから。男性というだけで期待値が異常に高い。なので、少しでも出来が悪いと「ダメなやつ」というレッテルを貼られてしまう。世の中はまだまだ男社会なので、その中で出来が悪い男性はめちゃくちゃ生きづらいと思う。その結果、自分で自分を追い込んでしまい逃げ道がなくなるのかも。

 

男性だからとか女性だからとか関係なくねー。できる人はできるし、できない人はできないんだよ。そこを責められてもね。知らんがなって話ですよ。

 

男は弱音は吐いてはいけないとか言われてるけど、私なんてどれだけの男性から弱音を吐かれたか分からんほど吐かれている。男尊女卑の社会は女性に生きづらいけど、巡り巡って男性の首も絞めている。良いことなんてないなと思う。

 

男性に余計なプレッシャーを与えるとロクなことにならないから、男性に期待するのはやめよう。女性も男性に夢を持ちすぎで、それが男性に余計なプレッシャーを与えている。期待すればするほど、後からのガッカリ感も酷くなるし、相手の負担にもなっている。ということを肝に銘じながら男女ともに相手に期待しないで付き合いましょう。

blog.akira-workshop.com