男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

コロナワクチンを接種した方がいいですか?と医師に相談した時の話【エッセイ】

ここだけの話、実はワクチン接種は考えていなかった。そもそも私は人と会うことがほぼない。仕事はzoomで済むし、友達とはコロナで会うことがなくなった。そんな私がワクチン接種する意味あるのかな?と思っていた。

それとは別に、私には持病があるのだが、私と同じ病気の人が1回目のワクチン接種5日後に病巣から出血して亡くなったのだ。私と同じ40代の女性。これはかなりビビった。という訳で、ワクチン接種しないでおこうと思っていた。

 

が、しかしである。状況が変わってきた。デルタ株が猛威をふるい出した。「どうしようかな」と悩んでいたけど、主治医の先生に聞いてみることにした。

 

先生曰く「コロナに感染するのはもう時間の問題。例え、人と会わない一人暮らしの人でも、それは例外ではない。コロナの怖いところは後遺症。コロナに感染して回復しても一生治らない後遺症を抱えて生きるか、コロナに感染しても後遺症なく生きるかどちらを選ぶかは本人の自由。ワクチンを接種するのはコロナに感染しても後遺症なく生きるため。私がもしコロナに感染して重症患者となり、エクモを装着しなければならない場合は、エクモ装着を拒否して死にます。エクモ装着までいけば、後遺症は免れない。一生後遺症で苦しむぐらいなら私は死を選びます。」とのこと。

 

主治医の先生の話を聞いて正直マジでビビった。私の通院している病院は大阪市内でもかなりデカい病院。もちろんコロナの重症患者も受け入れている。今までいろんな患者さんを先生も診ているはず。その先生がそこまで言うなら、マジでコロナってやばいんだなと思った。「先生、死なないでー。」と言ったけど。もちろん先生は日本でもかなり早い段階でワクチン接種した医療関係者の一人だ。

 

先生が言うには、がん患者さんでも一定期間を過ぎればワクチンを接種しているとのこと。今は、妊婦さんだけワクチン接種を勧めていないらしい。私と同じ病気の人でもガンガン接種しているので心配いらないと言われた。

 

10年以上の付き合いになる主治医にここまで言われてはワクチン接種をせざるを得ない。ということで、早速予約してみた。

大阪は血栓ができやすいアストラゼネカ製のワクチン接種が始まっている。私は普段飲んでる薬の影響で血栓ができやすいので、さすがにアストラゼネカ製はパス。大規模接種センターでインテックス大阪ならモデルナ製を打ってくれるけど、ちょっと遠い。

同じ区内の診療所でファイザー製のワクチン接種をしてくれるところがあったので、早速ポチッと予約した。大阪市内で個別接種してくれる病院の区ごとのリストがあるのでリンクを貼っておきます。

www.city.osaka.lg.jp

 

大阪もなかなかワクチン接種の予約が取れない。私は予約がすぐに取れてかなりラッキーだったと思う。友達もどんどんワクチン接種していて、私がまだだと言うと心配される。

 

ということで、9月にワクチン接種することになった。無事に生還できたら、どうだったのか続きを書きますわ。

blog.akira-workshop.com