ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

答えを一緒に考えてくれる人が少ない理由

答えを教えてくれる人はたくさんいますが、答えを一緒に考えてくれる人は少ないです。人に教えるのは結構簡単です。自分の知識を披露すれば済むからです。ですが、その人の悩みや状況を考慮しながら、一緒に考えるのは誰にでもできることではありません。決まった答えを教えるよりも、決まっていない答えを考え出すほうが難しいからです。

 

悩みは人によって違います。状況も人によって違います。話を詳しく聞かないと悩みや状況は把握できません。ですが、詳しい話を聞く人は少ないです。個別に対応するのは面倒ですし、お金にもなりません。そのため、大勢を対象に教える人が多いのです。そのほうが効率的ですし、お金にもなります。

 

それで悩みが解決できれば良いですが、結局は解決しません。何度も言いますが、人によって悩みや状況が違うからです。

 

答えを教えて欲しい人は多いです。私のお客様でも「今すぐに答えを教えて!」という人がたまにいます。ですが、そういう人は結果が出せない人です。結局は、自分だけの答えを自分で考えないと結果は出ません。

 

考えて出した答えも正解とは限りません。一定期間やってみてどういう結果になるか見てみないと、正解かどうかは誰にもわからないからです。ですが、自分で考えて出した答えなので、ただ教えられたことをやったのとは訳が違います。自分で考え納得してやっているので、結果が出なくても納得できます。後は、それを続けられるかどうかです。

 

という感じで、人にただ教えられたことをやるよりも、自分で考えたことを納得してやりたい人がいれば、いつでも相談してください。私があなたと一緒にあなただけの答えを考えます。実は人に話をするだけでも考えがまとまり、答えが出やすくなるのです。人の話を聞くことは私の特技です。ぜひ一緒にあなただけの答えを考えましょう。

blog.akira-workshop.com